wi-fiルーターとは

生活

wi-fiのルーターとは無線でインターネットができる電波をだしている機械です。今までだとネットに繋ぐ時はパソコンだとLANケーブルを使用してネットとパソコンを繋いでいました。

それを無線で電波を飛ばしてネットとパソコンをつなげてくれる機械です。

またwifiルーターがあると無線で電波を飛ばすのでスマホやタブレット、ノートパソコンなども簡単にネットに繋げることができます。

またスマホやタブレットなんかだとYou Tubeなどの動画を見すぎるとすぐに速度制限がかかってしまいますが、wifiルーターでつなげているとその心配がなくなります。

モバイルwi-fiルーター

最近ではこのwifiルーターにモバイルwifiルーターというのが登場しました。モバイルwifiルーターというのは持ち運びが可能なルーターということです。

そもそもwifiルーターは自宅やコンビニなんかに固定で設置されているものでそのwifiルーターの範囲内の電波の届く場所でしか利用できませんでした。

その点モバイルwifiルーターは持ち運びが可能な上にコンビニなどに置いてあるものと違い個人で利用するで回線が混線する心配がなく非常に快適に動画などがみれます。

またモバイルwifiルーターならネット回線の工事などがいらずしかもスマホやタブレットからネットにアクセスする時に比べ断然早いです。

しかも通常You Tubeなどの動画をみると画質が悪い状態なのに対してモバイルwifiルーターからみるとYou Tubeの動画などもかなり鮮明にみることができます。

Wi-Fiルーター 繋がらない

いて今までつながっていて急に繋がらなくなった場合はルーターやモデムが故障している可能性があります。

あとwi-fiにつなげている他のiPhoneなどのスマホやiPad、PCなどがつながっているかどうかもチェックしてください。もしwi-fiが繋がらないのが一つだけなら原因はルーターやモデムではなくネットに繋がらなくなったiPhoneやiPad、PCの本体に原因があります。その際は再起動などをするとwi-fiが繋がったりします。

モバイルwifiルーターを使うとメリットだらけに聞こえますが実はデメリットもかなりあります。

1番のデメリットが固定設置型の通常のルーターよりも電波が弱いため繋がらない地域があるということです。ちなみに最近ではほぼ100%モバイルのwifiルーターでも繋がると言ってはいますが、実際には電波の基地局の近くや山の中、地下鉄などでは繋がらないことが多いそうです。

なのでモバイルwifiルーターの購入を検討している時はまずは自分の住んでいる地域が繋がるかどうか確かめましょう。

ショップで購入する際は確実に定員に聞けば良いですし、ネットで購入する際もわからない場合はAmazonnや楽天で購入するのではなく、まずはモバイルwifiルーターの電波が届くかどうかのエリア地図があって電波状況を調べられるホームページから購入したほうが無難です。

Wi-Fi 繋がらない ルーター

すべてのPCやスマホなどでwi-fiがつながらない場合はまずはルーターに原因がある可能性があります。またメーカーなどによっては、多数のネット環境から同時にルーターにアクセスがあった場合回線の混雑を避けるためにルーターが回線の制限をすることもあるそうです。

そしてそのままバグってしまってwi-fiがつながらないということがあります。その場合はルーターの電源を一度きって数分後に再起動すると改善されたりします。

このルーターの再起動をしても繋がらない場合はモデムがバグっている可能性があります。特に長時間wi-fiでPCやスマホやiPadでゲームをしていたりするとモデムが熱暴走などをしてバグったりします。

この時も一度電源を落として再起動すると治ることがあります。

簡単に言うとwi-fiが繋がないときは、とりあえずPC、スマホ、iPad、ルーター、モデムすべての機器を再起動する。ということになります。

これで繋がらない場合はルーターが壊れている可能性が一番高いので買い替えを検討してみてはどうでしょうか?

Wi-Fiルーター ドコモ

モバイルのwifiルーターはドコモでもwifiステーションという名前で取り扱っています。このwifiルーターはドコモの回線を使用しているのでドコモで通信できるところはほとんどカバーしている優れものです。

またモバイルのwifiルーターでは電波が届かない地下鉄などでも繋がりやすかったりしますがスマホの電波が届かないところは電波が届かない可能性が高いので注意が必要です。

ドコモのwifiルーターはバッテリーの充電機能もあるためにスマホ本体の充電ができるというメリットもあります。なのでドコモのスマホを利用しているならドコモのwifiステーションは非常にメリットが大きいのですが、このwifiルーターもひとつ問題もあります。それが料金です。

通常モバイルのwifiルーターを使用する時はスマホのネット回線は使用しないのでパケット定額などのプランに入っている状態でこのwifiルーターを使用すると基本プランのカケホーダイプランだと4200円かかります。

その上にwifiルーターのwifiステーションを使用するとこれが月額2500円になるので月々が最低でも6700円もかかるため結構な負担になります。

ですがYou Tubeなどの動画をメインに見る人はカケホーダイプランプランだとすぐに通信制限に引っかかるのでモバイルwifiルーターを購入するほうがデーター通信料を購入するよりは安くなります。

ちなみに少しでも月々の料金を安くしようと思った場合、オンリーモバイルというモバイルのwifiルーターの使い放題プランが月額3900円(税抜)であります。

こちらのモバイルwifiルーターならLTE回線が使い放題の上にドコモの料金プランを1番安い1200円のプランにしてこのモバイルwifiルーターのオンリーモバイルを利用すれば料金が5100円と1600円程度安くなります。基本的な電波状況はドコモのエリアと同じになります。

Wi-Fiルーター au

auは携帯会社で1番モバイルのwifiルーターに力を入れていると思います。auのスマートフォンとモバイルのwifiルーターをセットで使用するとauスマートバリューmineというセット割で毎月934円OFFになったりします。

またドコモのように通話料と通信料と基本使用料が全てセットでの価格でのみと比べてauは基本料金とデーター定額の料金と通信料とにきちんと別れているのでわかりやすいです。

そのため実はauでスマホを購入する際にモバイルのwifiルーターと一緒に購入すると非常に安くなるケースがあります。

それがauとのデーター定額サービスに入らずにモバイルのwifiルーターを契約してネットへはモバイルのwifiルーターだけを使用するというものです。

ちなみにデーター定額サービスは月々LTEフラットで5700円、通常の20GBの定額サービスだと6000円します。ちなみにauのモバイルのwifiルーターはBroadWiMAX2+という名前で月々2726円(税抜)で利用できます。

なので月額の定額サービスより2000円程度安くなります。

また通常だとBroadWiMAX2+は初期費用として18857円かかるのですが、ネットから申し込むとこの初期費用と端末代が無料になります。なので純粋に月々約3000円の負担で使用できます。

WiMAX2+

もしルーターが壊れている場合これを期にポケットwi-fiと言われる持ち運び可能なルーターの購入を検討するのも良いかもしれません。

ポケットwi-fiなら持ち運びが可能なのでマンションの引っ越しの際にもマンションのネット環境に左右されることがなくなりますし、なにより今流行の格安スマホや格安SIMなどをどこでもデーター通信速度を気にしなくても良くなります。

また普通のスマホなどでもポケットwi-fiと組み合わせることでパケット定額プランに入らなくてもポケットwi-fiに常時接続することで経済的にお得になります。

ポケットwi-fiは色んな会社が出していますが、今ならWiMAX2+のポケットwi-fiは結構お得です。月額料金が2856円なのでパケット定額プランより安くなっていますし、ギガ放題プランにすると容量を気にせずにネットに接続できるようになります。

タイトルとURLをコピーしました