5大栄養素

健康

タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルが一般的に5大栄養素と呼ばれています。まずタンパク質は肉類、卵、魚介類などに含まれています。

タンパク質は筋肉や臓器の構成成分となります。酵素、抗体やホルモンの原料ともなります。タンパク質が欠乏すると、体力や免疫力が低下します。

幼い頃にタンパク質が足りないと、成長傷害も起こす可能性があります。脂質は、生体成分の中で水に溶け難く有機溶媒に溶ける物を指します。

脂質はエネルギー貯蔵や皮膚の保護、生体膜の成分等、重要な役割を持っています。脂質の不足は血管や細胞膜の弱体化を引き起こします。

ダイエットで脂質を避けようとする人も多いですが、不足すると逆に肌荒れ等を起こして美容に悪くなってしまいます。

糖質とは、つまりは炭水化物の事です。身近ではご飯に含まれます。糖質は脳へのエネルギーにもなっており、これが不足すると脳へ悪影響も出ます。

ビタミンは、炭水化物、タンパク質、脂質以外の有機化合物の総称です。ビタミンは体内で生成する事ができない栄養素の1つです。しかし、不足すると様々な悪影響が出ます。身近なところでは口内炎もそれにあたります。

ミネラルは、有機物に含まれる元素以外に、生体に欠かせない元素です。ミネラルはビタミンと共に、不足する事で脳活動が低下して、うつ病を発症する事もあるようです。

五大栄養素は過剰摂取でも欠乏でも人体に悪影響が出る為、適切な量を摂取する事が重要になります。

タンパク質、脂質、糖質は身体活動において消費するエネルギーの割合が大きいです。ビタミンとミネラルが三大栄養素の中にないのは、必要量が他の3つに比べて僅かである為です。

従来では、三大栄養素がもっとも大切な栄養だと考えられていましたが、近年の研究では三大栄養素に入らないビタミンとミネラルも身体活動に非常に有益で大切な働きをすると判明したからです。

その為、これら五大栄養素は重要な栄養だと考えられています。更に、食物繊維やポリフェノール等も、近年は注目されている栄養素になります。

栄養は身体活動の必要エネルギーを確保するだけではなく、美容にも必要とされていたり、生活習慣病などにも深く関わる為、男女問わず注目度は高いです。

3大栄養素

3大栄養素は、5大栄養素中のビタミン、ミネラルを抜いた3つの栄養素です。様々な栄養素の中で、特に身体活動に対して重要な割合を占めています。

3大栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂質の3つです。

これら三大栄養素は身体活動だけでなく、成長等にも深く影響し、不足する事で疾患に掛かりやすくなったり、幼い頃に不足すると成長障害になったりします。

日本国内では滅多にない事ですが、発展途上国等で満足な食事ができない子供が栄養失調によって成長障害を引き起こしたり死亡したりする事例は少なくありません。

しかし、現代の日本のような裕福な国においては、栄養素が不足する事はかなり稀有な事で、逆に摂取しすぎて肥満などの生活習慣病を引き起こしてしまう要因にもなっています。

ダイエットにしても筋力トレーニングにしても、これら三大栄養素はバランス良く摂取する事が目標の1つともされています。

食事では、五大栄養素と言う5つの栄養素を基本として食事メニューが献立される事が多くあります。身体活動において、五大栄養素は欠かせない物です。

五大栄養素中に、3大栄養素と呼ばれる栄養素があります。すなわち三大栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂質の事です。

五大栄養素はごく近年考えられた物であり、従来では上記の三大栄養素が食事において重要とされてきました。特に三台栄養素はこれらが欠乏すると、様々な疾患を引き起こすとも言われています。

炭水化物は体のエネルギー源であり、タンパク質は体そのものを作ります。資質もエネルギー貯蔵や体温を保つ断熱材等の効果もあります。

特に食事においては、これら三台栄養素が充分に補充できないと、心身共に悪影響を受けます。かと言って過剰摂取すると、それはそれで生活習慣病のような疾患を引き起こしたりもします。

その為、必要なカロリーを考慮しつつ、これらの栄養素をバランス良く摂取する事が重要です。

必須栄養素

必須栄養素とは一般的に、18種類のビタミンと20種類のミネラルと8種類のアミノ酸を合計した46種類だとされています。

必須栄養素は、人間が身体活動を行う上で必須となる栄養素なのですが、殆どが体内で生成できない栄養素なので、野菜やサプリメントと言った食物を通してしか外部摂取できません。

この必須栄養素は身体活動のみならず、病気への掛かりやすさや成長等に直接関わってきます。必須栄養素が不足すると身体への悪影響を及ぼします。

また、必須栄養素の中には病気を予防したり、治療する事が目的で使われる事のある物も少なくありません。必須栄養素をバランス良く摂取する事で、健康な体作りをする事ができます。

特に子供時代に必須栄養素は重要な割合を占め、こちらが不足すると成長にも影響が出てしまったりします。

近年では必要な栄養を補う為に様々な種類のサプリメントが市販されています。

一日に必要な栄養素

人が生きていく上で、栄養素はエネルギー量の目安となります。一番親しいところでは、食事での栄養素は料理をする人が必ずと言って良い程、気にする物なのです。

具体的な必要なエネルギー量ですが、これは性別や標準体重、1日の基礎代謝量、身体活動レベルによって変わってきます。

必要なエネルギー量を求めるなら、これらを計算しなければなりません。大きくはビタミン類、タンパク質、ミネラル、食物繊維になります。

上記での必要エネルギー量を考慮しつつ、これらの栄養素をバランス良く取る事が健康的な食事となります。近年では、1種の食物を食べ続けるダイエットが流行ったり、そうでなくとも忙しい現代人はバランスの良い食事と言う物自体がし難い環境にあります。

必要な栄養を取らないと心身のバランスを崩しますので、自身の体に最適な食事を心がけましょう。

野菜の栄養素

野菜の栄養素は、野菜の種類によって中身が大きく変わります。しかし大きく大別すると、カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、鉄、カリウム、食物繊維等が挙げられます。

野菜は食物の中でも特にデメリットが少なくメリットの多い栄養素が含まれているとされています。野菜を食べ過ぎたからと言って、生活習慣病になるなんて事は殆どなく、むしろ食事の中で野菜の割合を大きくする事は、体に良い影響を及ぼします。

特に、野菜の中に多量に含まれるビタミン類は、皮膚と言った体の構成成分を成長させる等の影響力を持っており、美容に対して非常に有用な力を持っている事で、女性からの注目が高いです。

また野菜に含まれる栄養素は、多くが人間が体内で生成できない物が多いので、摂取する事が勧められています。野菜と同様の成分はサプリメント化される程、高い効力を持っています。

バナナの栄養素

バナナは果物の王様と言われています。味、食べやすさ、手軽さ等、メリットが多い事からも、親しまれている果物のトップクラスと言えます。

ですが、バナナはただの嗜好品だけではなく、体に良い影響のある栄養素を含んでいるのです。それがビタミン、ミネラルになります。

ビタミン、ミネラルは、一般的に五大栄養素の中の三大栄養素以外の2つです。ビタミン、ミネラルが五大栄養素に含まれたのは、ごく近年の話ですが、この2つは身体活動を補填する栄養素の中でもかなり重視されています。

ビタミン、ミネラルのほかにも、カリウム、マグネシウム、ビタミンB群、カロテンも含まれています。果物が美容に対して女性からの注目度が高いのも、ビタミン類が含まれているからです。

ビタミン類は皮膚の成長を促進し、摂取する事で肌に張りを持たせます。
バナナにも美容に効果的な栄養素が多量に含まれていますので、ただ朝の朝食代わりとして以外にも、バナナを食べる事で美容に影響するメリットは多く存在します。

玄米の栄養素

玄米は、一昔前はごく当たり前の食べ物で、注目されだしたのはごく近年になってからです。玄米は収穫したお米からもみがらを抜いた物が、白米となります。

そう聞くとあまり良いイメージはしないかもしれませんが、玄米の栄養素は白米の4倍程度も入っています。玄米ご飯を1杯食べるとそれだけで1日の白米分の栄養素が摂取できるのです。

また、食物繊維はなんと白米の9倍もあります。食物繊維は具体的に、有害物質や体内の余分なコレステロールや糖分を排出します。その為、癌や動脈硬化等の予防にも高い効果が期待できるのです。

現在の日本人の食生活では、食物繊維が大きく不足していると言われていますが、白米を玄米に変えるだけでそれを補えます。また玄米は高デンプン食とも言われ、本来太りやすいと言うイメージのご飯ですが、逆にダイエット効果があります。

ご飯を食べると太ると言うのは俗説に過ぎないのです。しかしながら、そんな非常に有益で美味しい玄米ですが、現在は白米の方が浸透している為に、玄米の方が高価格になってしまっています。

ゆで卵の栄養素

卵と言うと、食べ過ぎは良くないと言われています。しかしそれは根拠のない俗説のようです。

実は、卵には長生きの効果もあったのです。卵の食べ過ぎると、コレステロールになると言う話は有名かもしれません。しかし、卵にはタンパク質、カルシウム、鉄分、そしてビタミンC以外のほぼ全ての栄養素が含まれている事が判明しました。

卵のタンパク質は良質で、体の生成に欠かせません。そして卵は1日1個しか食べてはいけないと言う俗説がありますが、これは全くの間違いで、たまごにはコレステロールを除去する作用が含まれたレシチンと言う成分が含まれているようです。

これは研究でも、卵を1日2個食べたとしても、血中コレステロールの値は変わらないと立証されています。卵の摂取がコレステロールを上昇させるのは、あくまでコレステロール値が上昇しやすい人等に限った話のようです。

卵は非常に良質な栄養素を多く含んでおり、卵を食べる事が長生きの秘訣だと言う高齢者の人も少なくありません。そして、卵の栄養素を効率良く摂取し、かつ美味しく食べるにあたって、ゆで卵が近年では静かなブームとなっています。

タイトルとURLをコピーしました