顔脱毛は平安時代から存在した

健康

身体の各部分のムダ毛処理の歴史は日本では平安時代にまでさかのぼります。平安時代に日本でムダ毛処理に関する記述があります。そのくらい毛を抜いて整えるということは昔から美を追求するうえで重要な要素だったのです。

ちなみに平安時代は俗にいう麻呂のように眉毛を抜いて墨をつけているスタイルが一般的です。これは戦国時代くらいまで京都の貴族の間では一般的でした。

その後江戸時代では、下の毛を抜いて整えるのが流行ししだいに手足のムダ毛の処理などがおこなわれるようになりました。ですが顔は眉毛のムダ毛処理は古くから行われていたのですが、顔の全体のムダ毛を処理するというのは現代になってからです。

顔脱毛は非常にデリケート

実は、顔脱毛は身体の他の部分に比べデリケートな上、一番他人からも見られている場所なので、顔のムダ毛を処理する際はかなり慎重に行わなければなりません。自宅でご自分でやると顔がカミソリ負けしたり、最悪顔の組織を傷つけてお肌の状態が悪くなり、顔を可愛くしているつもりが、顔が傷物になってしまっては本末転倒です。

そもそも顔のムダ毛を処理するのは美しく、可愛くなって異性から注目されたい欲求がそうさせているのですが、逆に言うと顔が少しでも傷が付いたりするとそこからニキビが発生したり毛穴が広がってしまい逆に醜くなってしまいます。これほどのリスクを伴っているので顔の全体のムダ毛処理はなかなか一般的にはできませんでした。

ですが近年では、技術も発達してきたので、サロン等で自分でやるよりもはるかに低リスクで顔のムダ毛を処理できるようになりました。

顔脱毛はどのくらい有効なのか?

顔のムダ毛処理は一回では終了しません。基本的に複数回通って初めて顔のムダ毛が処理できます。顔のムダ毛処理の効果が実感できるのは個人差もありますが、だいたい3~6回と言われています。

ですが、顔のムダ毛処理をすることで、毛穴や肌のトーンが明るくなったりと見た目にかなりの変化があります。また顔に自信がつくと、異性に対して積極的になれます。そういった意味では、顔の整形をするよりも顔のムダ毛を処理したほうが金銭的にもお得です。

タイトルとURLをコピーしました