糖質制限ダイエットとは

食事

糖質制限ダイエットとは、これは糖質を制限するダイエット方法です。糖質をとり続ければ太ってしまいますから糖質を制限することによってダイエットに成功させようというものです。

糖質は炭水化物が一番の摂取減ですが、糖質はご飯、麺類、パンなどを豊富に摂取すればそのまま体の中に取り入れられます。そしてそれが結果的には脂肪になるのです。

体の中に糖質が蓄積されれば血糖値があがります。血糖値があがるとすい臓はインスリンを作らなければいけませんがそれが追いつかなくなります。

反対に、糖質を制限していればインスリンを作らなければいけない追いつかないなどということはありませんので、すい臓への負担は減るでしょう。

糖質が分解されなければ、糖質と体の中のたんぱく質が結合して糖化最終生成物になります。これが脂肪に変わります。一番だめなのはこの糖化最終生成物は老化を活発にさせる物質だということです。

糖質制限ダイエット 危険性

糖質制限をすることはダイエットにつながることはわかりましたが、実は少し危険性もあります。炭水化物を摂取しないことや量を減らすことが糖質制限につながるのですが、少し問題があるのです。

それは炭水化物を制限する代わりに、たんぱく質、そして脂質を豊富に摂取してもいいのです。

たくさん食べてもいいというわけではありませんが、炭水化物を摂取する代わりにたんぱく質、脂質を豊富に摂取してバランスをとる必要があるのです。

ですから単に糖質を制限すればいいというわけではありませんので気をつけなければいけません。

糖質制限ダイエットの効果

糖質制限ダイエットの効果は始めてからしばらくすれば効果を実感することができると思います。即効性はありませんが、バランスのいい食事と、そして糖質を抑えることを考えながら食事をすることで自然に痩せる体質へと変化していくのです。

スムーズなダイエットを目指している人は食べ方に気をつけて意識して食べ物を選びましょう。

糖質制限ダイエットの方法

糖質制限ダイエットの方法は、文字通り徹底的に糖質を抑えることでダイエットを図るのが糖質制限ダイエットの方法になります。

また、ダイエットと言えばつきものなのが食事制限です。糖質制限ダイエット方法は、糖分が含まれている食べ物は避けますが、それ以外なら制限はありません。

つまりお肉やお魚を我慢する必要がないというメリットがあります。

一方で糖分が含まれているものは避けなければならず、果物類はほぼ食べられなくなってしまいます。また野菜でもサツマイモをはじめ、人参、ゴボウなどは糖分を含んでいるため食べてはいけないものに含まれてしまいます。乳製品も駄目です。

その為、食事制限ほどではありませんが、かなり不自由さを感じてしまう方も多いのが糖質制限ダイエットになります。

人付き合いなどの関係で、避けるべき食品を食べなければならない時は、お茶を一緒に飲むことが勧められています。これはお茶の中に、血糖値を抑える成分が含まれているという理由です。

糖質制限ダイエット方法 危険

糖質制限ダイエット方法を行った結果、死亡率が上がる、と聞いたら実際に糖質制限ダイエット方法を行っている方は恐怖と心配でいっぱいになってしまうのではないでしょうか。

この死亡率が上がるという危険性についてですが、現在のところ確定はしていないようです。ただ、糖質を徹底的に控えるという性質上、ダイエットを行う人はかなりの負担がかかってしまうので、そういう意味では危険と言ってもあながち間違いでもないと思います。

実際に糖質制限ダイエット方法を行った方は分かるかと思いますが、糖分が全く入っていない食材など限られています。

ですので、事実上食事制限がかかっているのと同じことなのです。また、糖分を排除すると、結果的に他の栄養価の割合が高くなり、そこから病気にかかってしまう危険性というもの実際にあります。

もし挑戦してみようという方も、効果が出てきたなと思ったら多少は糖分も補給する方向で進めて頂いた方が無難だと思います。

糖質制限ダイエット方法 朝食

糖質制限ダイエット方法には大きく分けて三種類あります。

一つは、全ての食事で糖質を抜いてしまう方法。最も効果が高いとされていますが、かなりきついやり方ですね。

逆に最も簡単なのが、夕食だけ糖質を避けるというやり方です。興味はあるけど試したことはないという方はこちらの夕食だけ糖質を避ける糖質制限ダイエットほうが良いかもしれません。

そしてこの2つの中間で、最もスタンダードなのが一食だけ糖質を取り、残りは糖質を避けるやり方です。この場合、1食は朝食か昼食に持ってくるのがおすすめとされています。

さて、では糖質制限ダイエット方法に適した朝食とはどのようなものなのでしょう。一日の始まりという点を考えれば、ある程度は食べておきたいところです。

基本は野菜中心の朝食を摂取するイメージが良いと思います。

調味料や、野菜自体が糖質制限ダイエット方法に向いていないものもありますので、よく確認の上で食べて下さいね。和食派の方はお味噌汁などが良いと思います。朝食時にある程度作っておけば、昼食時に回すこともできますので効率的だと思います。

糖質制限ダイエット方法

糖質制限ダイエットの方法ですが、すべての食事から糖質をできるだけ制限して、できる限り摂取しないで続けるダイエット方法です。

糖質が多い食べ物としてはご飯、パン、イモ類などの炭水化物や果物などもありますので、これらの摂取量を制限していくことになります。

調味料にも糖質は含まれており砂糖にはかなり含まれてますので、砂糖の量も極力減らす必要があります。糖質オフの甘味料も販売されていますので、これを上手に使うのもいいでしょう。

糖質制限ダイエットでは血糖値の上昇を緩やかにすること画でいます。摂取カロリーは特に制限はありませんが暴飲暴食はダイエット中ですから避けましょう。後は特に何かしなければいけないということはありません。

糖質制限ダイエットの食事のメニューについてですが、肉、魚、野菜などを中心に取り入れていきましょう。砂糖を使う味付けを避けます。

お酒は糖質オフのものなら摂取してもいいでしょう。ダイエットにお酒は大敵だと思っている人もいるかもしれませんが糖質オフのビールなども今は販売されていますので、これらを上手に使えば摂取してもいいのです。

糖質制限ダイエットの朝食のメニューとしては、和食の人は白米ではなくて玄米に変える、食パンの人は白いパンではなくてライ麦パンなどに変更するなどするといいでしょう。全粒粉小麦パンなどもOKです。

そして朝食には野菜を豊富に取ることをお勧めしますので、サラダを最初に食べると効果的ですし野菜ジュースを飲んでもいいでしょう。

野菜ジュースや青汁、スムージーなどが今は人気です。これらの野菜をバランスよく摂取しつつ糖質制限ダイエットを続けていれば特に食べる量を減らさなくてもダイエットに成功することができます。

朝ごはんを抜くとか、果物だけを食べるなどといった方法はやめましょう。果物にも糖質は豊富に含まれているのです。

食事制限なしダイエット

ダイエットは食事制限がとても辛いと言う人は多いと思います。もし食事制限なしダイエット法があればそれに越したことはないと思います。

ですが痩せた人の中には、一切食事を制限することなくダイエットを成功させた人もいます。

食事制限なしダイエットが効果的な人は、太った原因が主に食べ過ぎでは無い人です。明らかに食べ過ぎな人は、やはりカロリーコントロールが必要です。

極端な運動不足、病気をしたことによって体質が変わった人はむしろ食べる量を増やして、別の方法で痩せることが必要です。

太っている原因を考えて、その原因を解消させるようにしましょう。運動不足であればできるだけ体を動かす、体質が原因であれば体質改善に励みます。

例えば体温が低いと代謝が悪くなり、以前と同じ食事・運動をしていても太ることがあります。そんな人は冷え性を改善する工夫をすることで、結果的に体重減を叶えることもできます。

女性の場合、出産後に骨盤が歪んでしまい、冷え性が悪化してしまう人も多いです。そんな人は骨盤の歪みを矯正するだけでダイエット効果が現れるかもしれません。

このように、太っている原因によっては食事制限なしダイエットでも十分に痩せられる可能性があります。

ダイエットとご飯

ダイエット中にご飯は食べてはいけないという意見があります。実際には、ご飯に含まれている炭水化物は体、脳を動かすのにとても大事なエネルギーでもあります。

ご飯、パンといったものが炭水化物ですが、イモや豆もそれにあたります。これらは人間が活動する上でエネルギーを与えてくれるのでとても大事です。

炭水化物は中でも脳のエネルギーとしてはとても大事で、もしエネルギーが足りなくなれば脳、体に栄養がしっかりいきわたりませんので、それができないと判断されると体は緊急事態だと勘違いしてスイッチを脳が入れてしまいます。

それによって逆に脂肪がつきやすい体質になることもあるので気をつけたほうがいいでしょう。ご飯は食べないと逆にダイエットにならないのです。

もし食べたいものがあるのなら朝ごはんに食べるのがいいでしょう。丼ものや麺類などの炭水化物で高カロリーの食べ物はできるだけ夜早めて起きましょう。

そして炭水化物を抜くのではなくて朝食や昼食のときには摂取するといいでしょう。おやつは2時から3時に、それ以降はできるだけ避けます。

そして食べ物を食べるときはゆっくりとよくかんでたべましょう。野菜から食べてご飯やパンは最後に食べます。1食当たりのご飯の量は、100グラム以内に抑えるといいでしょう。

これは子供茶碗1杯です。寝る前の2時間は食べないようにして常に食べすぎず腹八分目を心がけることも大事です。

炭水化物を抜いてダイエットをする場合でも炭水化物に似た食べ物を食べることでダイエットを満足させることはできます。

たとえば、うどんやラーメンの代わりに、春雨にするとか、しらたきで代用したり、焼きそばも糸こんにゃくで作ればヘルシーです。

ご飯も玄米にしたり、ご飯の中にこんにゃくでできたお米を混ぜるとヘルシーでダイエットをサポートしてくれます。

タイトルとURLをコピーしました