水素水サーバー効果測定

生活

水素水サーバーの効果を測定するのに保存水素濃度判定試薬というものがあります。これはお水の中にどれだけ水素が含まれているかを判定してくれる薬品です。

この保存水素濃度判定試薬を水素水サーバーから出したお水6mlに一滴入れて軽く振ってまぜると水素があると青色の薬液が透明になるそうです。

そして一滴づつ足していって何滴目で青色になったままになるかで水素の濃度が解るようになっているんだとか。

ちなみにこの薬液一滴で0.1ppmの水素を反応するそうなので、市販されている水素水の濃度を図るにはちょうど良いとおもいます。

ですが、水素水サーバーでこの保存水素濃度判定試薬で水素濃度を図ろうとしても想定されたものより水素濃度が低いことが多いそうです。

これで結構水素水サーバーの会社にクレームを入れる人が多いのですが、実は水素水サーバーは基本的に水を電気分解して酸素と水素を作成しているので不純物として酸素と水素の残骸があります。

これが保存水素濃度判定試薬の結果に影響しているそうなので、保存水素濃度判定試薬の結果が想定より低くなるそうです。

水素水サーバー 比較測定

水素水サーバーを導入することのメリットは市販の水素水ドリンクを購入するよりも単価あたりの経済コストが低いことが上げられます。

また缶などは購入して一気に飲むならなんの問題もないのですが、少しずつ飲む場合は気体なので少しずつ水素が抜けてしまいます。

そうしたことからも水素水を確実に体内に入れるには水素水サーバーのほうが良いとおもいます。

ですが水素水サーバーを導入するにあたってデメリットもあります。それが初期コストと毎月の定額のコストです。

また初期コストと毎月の定額コストが安くても肝心の水素濃度が低くては水素水サーバーを導入してみ意味がないですよね。

水素水サーバーを導入するときは初期コストと定額コストそして水素水濃度を比較して導入するのが賢い導入方法です。

水素水サーバーランキング

水素水サーバーは初期導入コストと定額コストと水素濃度を比較して導入するのが良いのは先程お伝えした通りなのですが、この中で一番わかりづらいのが水素濃度だとおもいます。

そこで先ほどご紹介した保存水素濃度判定試薬が出番になります。確かに正確な水素濃度は計れないのですがそれでも一定の目安になります。

また水素水サーバーの公式サイトなどにはほぼ必ず電話相談窓口がありますので、ここで電話であなたの所の水素水サーバーを使用したいので水素濃度を調べたいから水素水のお試しを送るか、一度設置して水素水の濃度を調べた後契約したい。と伝えて下さい。

よほど悪徳な水素水サーバーの販売会社でなければOKをしてくれるか代替え案を用意してくれます。

タイトルとURLをコピーしました