意外にも知られていない炭酸水のメーカー

生活

炭酸水は、世界じゅうで愛飲されているガス入りのミネラルウォーターです。

ガス無しのミネラルウォーターにたくさんのメーカーがあるように、炭酸水も多くのメーカーが関わっています。スーパーで炭酸水の売り場に行ってみると目移りするほどです。

日本のモデルのあいだで愛飲されていることから爆発的に人気になったゲロルシュタイナーは、ドイツの炭酸水です。

あまり知られていませんが、日本ではサッポロがメーカーになっています。

また、コンビニエンスストアでも手軽に購入することができるウィルキンソンはアサヒがメーカーです。

このように、意外にもあまり知られていませんが、炭酸水のメーカーには日本の企業も挙げられます。

日本よりも欧米で浸透してきた炭酸水だからといって日本のメーカーがかかわっていないというわけでは決してないのです。

炭酸水のラベルと見てみると意外な企業がメーカーになっていることもありますから、ぜひ一度チェックしてみてください。

世界中で愛されている炭酸水ペリエ

炭酸水というのは、ミネラルウォーターとともに世界じゅうで日常的に愛飲されています。

そのため、欧米を中心として多くの国で製造されています。

国や地域によって好まれる硬度や飲み口は異なりますのであらゆる炭酸水が発売されていますが、国を選ばず愛されている炭酸水もあります。
その代表格が、ペリエです。

日本でも多くの方から愛されている人気のペリエは、南フランスを採水地に持つ世界的に有名な炭酸水です。

今からおよそ1億4000万年前に起こった地殻変動によって地中の奥底において地層の亀裂が生じ、天然のガスと地下水の層を含む地層が奇跡的に結ばれて完成された水を使っていると言われています。

欧米では奇跡の水と言われている稀少な水を使っているのが、ペリエの魅力なのです。

ペリエの注目すべき特徴としては、発泡性の天然水であるだけではなく、ミネラルをたっぷりと含んでいるということです。

とくにカルシウムの含有量は多く、1リットル当たり140ミリグラムと豊富に含まれています。

また、ペリエはガスが少なめなので、胃の張りが気になるという方にもおすすめです。

プロ仕様の炭酸水ウィルキンソン

スーパーマーケットのミネラルウォーター売り場に行くと、世界じゅうのあらゆる炭酸水が並んでいます。

炭酸水を愛飲しているというと欧米の方々のイメージが強かったものですが、今では日本でも毎日飲んでいるという人が大勢いらっしゃいます。

なかでも日本の多くのスーパーやコンビニで見かける人気の炭酸水の代表格が、ウィルキンソンです。

意外と知られていませんが、ウィルキンソンというのは人名です。

1889年ごろ、イギリスのジョン・クリフォード・ウィルキンソンが兵庫県有馬郡へ狩猟に出かけたときに炭酸鉱泉をたまたま発見しました。

そして、これをロンドンまで送って分析してみたら世界的な名鉱泉であるということが発覚したのです。

ウィルキンソンは100年を超える歴史を持っていることから、レストランなどでプロからも愛用されているという特徴があります。

プロ仕様で本格派であるということから、質にこだわるユーザーから圧倒的な支持を受けているのです。

安心して上質なプロの味を求めたいという人が愛飲できるというのは、ウィルキンソンならではの魅力です。

万人受けするサンガリアの炭酸水

市販の炭酸水というと、海外のメーカーのものを購入するというイメージを持っているという人も少なくありません。

日本に比べると炭酸水の愛飲者は圧倒的に海外のほうが多いですから、無理もありません。

しかし、日本でおなじみのメーカーでも炭酸水を手掛けています。

日本国内の企業の炭酸水として安定した人気がある商品として挙げられるのが、サンガリアの炭酸水です。

サンガリアというと、スポーツドリンクから健康飲料、日本伝統のおしるこや甘酒まで、あらゆる飲料を手掛けている大手メーカーです。

そのため、炭酸水を手掛けているということは知らなくてもサンガリアという社名は知っているという方も大勢いらっしゃるはずです。

サンガリアの炭酸水の魅力は、万人受けする癖のない味です。

すっきりとしたシンプルな味なので、そのまま飲むのはもちろんのこと、割り材としてもおすすめです。

また、ストレートな味が苦手だという方には、レモン味も用意されています。

バリエーション豊かなイタリアの炭酸水

世界じゅうで愛飲されている炭酸水は、ガス無しのミネラルウォーターと同じように多くの国々で製造、発売されています。

最近では日本でも愛飲している人がどんどん増えており、スーパーマーケットやコンビニエンストアでもあらゆる海外からの炭酸水が並んでいます。

炭酸水が好きな方からは、輸入食品のお店で複数の国のレアな炭酸水を飲み比べて楽しんでいるという声もよく聞かれます。

ブランドによって飲み口が大きく異なってくる炭酸水ですが、日本でも安定して人気がある国を挙げるとすれば、イタリアの炭酸水は欠かせません。

数えきれないほどある炭酸水のなかでもイタリアの炭酸水は私たち日本人の口に比較的合いやすいと言われています。

クールマイヨールやサンペレグリノといった人気の炭酸水もイタリアが産地です。

海外の炭酸水は口に合いにくいという方であってもそのまま飲用しやすいというのが特徴です。

また、炭酸の強さが豊富ですので、好みのものを選びやすいと言えます。

軟水から硬水までバリエーションが豊かです。

セブンプレミアムで人気の炭酸水

ここ数年、流通業界ではPB(プライベートブランド)の商品に注目が集まっています。

リーズナブルでありながら質は変わらないことから、節約を意識している多くの主婦層を中心に圧倒的な支持を受けているPBは多彩ですが、とくに人気があって豊富な商品を揃えているPBとして挙げられるのが、セブンプレミアムです。

あらゆる食品を手掛けてヒットしているセブンプレミアムでも、近年愛用者が増えている炭酸水を扱っています。

セブンプレミアムの炭酸水は、カロリーゼロというだけではなく、ナトリウムもゼロという安心して飲める原材料が特徴です。

炭酸と水だけで作られているシンプルな炭酸水なので、そのまま飲んだりあらゆるお酒を割る用途に活用したりと、さまざまなシーンで安心して活用することができます。

冷蔵庫に常備していると便利な炭酸水というわけです。

セブンプレミアムでは、グレープフルーツやレモンといった味を付けた炭酸水も発売しています。

味の無いミネラルウォーターを飲むのが苦手だという方でも、自分で味を付けることなくそのままおいしくいただけます。

1本100円以下で手に入るというリーズナブルな価格も魅力です。

サッポロの人気がある炭酸水について

市販されている炭酸水というと、海外で作られた炭酸水をイメージする方は少なくありません。


もともとガス入りのミネラルウォーターである炭酸水は、欧米で当たり前のように好まれてきましたが、日本ではあまり浸透していませんでした。


しかし、最近ではその豊富な健康や美容の効果から、日本でもファンが増えてきています。

国産のものにこだわった生活をしているという日本人は大勢います。


このような方は、たとえ炭酸水であっても日本のメーカーでないと安心できないはずです。


そこで定評があるのが、サッポロの炭酸水です。

知らなかったという方も多いのではと思いますが、サッポロでも炭酸水を発売しています。


しっかりと刺激のある炭酸ながらすっきりと飽きのこない味で、万人受けすると人気です。


また、サッポロの炭酸水というのは純水を100パーセント使用していますので、成分にこだわっているという方々であっても満足できる炭酸水として舌が肥えた方のあいだでも注目されています。

ファミリーで楽しめるキリンの炭酸水

日本の飲料メーカーというと、みなさんはどのような企業を思い浮かべますか?

日頃から好んで愛飲している飲料によってまちまちだと思いますが、代表的な飲料メーカーとして必ずと言って良いほど名前が挙がるのが、キリンです。

キリンを知らないという方は日本においてまずいないのではないでしょうか。

キリンでは、最近どんどん日本国内でも需要が高まっている炭酸水も扱っています。

キリンの炭酸水は天然水を使っていることで多くの炭酸水ユーザーから支持されています。

リーズナブルでカロリーゼロという点もかなり魅力的です。

キリンの炭酸水は上質であることから、焼酎や洋酒、ワイン等、お酒を割って飲むときに重宝する炭酸水としても定評があります。

また、フルーツポンチといったデザートにも安心して使用することができ、お子さまがいるご家庭でもファミリーで愛飲できます。

最近ではホットケーキやパンケーキ、煮込み料理など、日々の料理に安心して活用できると主婦層からも支持されている炭酸水です。

ウイスキーを生かすサントリーの炭酸水

日本にある代表的な飲料のメーカーとして欠かせないのが、サントリーです。

これまでにサントリーの飲料を口にしたことが一度も無いという日本人はまずいないのではないでしょうか。

この大手飲料メーカーであるサントリーも、炭酸水を手掛けています。

サントリーの炭酸水の特徴といえば、なんといっても天然水の産地です。

日本のウイスキーの故郷とも言われている京都は山崎の天然水を100パーセント使っているということで、質にこだわる日本人から圧倒的な支持を得ています。

山崎の天然水を惜しみなく使った炭酸水なのです。

京都にある山崎蒸留所は、日本においてウイスキーの発祥の地とされています。

この土地の天然水だけで製造されたプレミアムなソーダは、近ごろ人気のハイボールを作る際に最高の炭酸水です。

ウイスキーが本来持ち合わせている豊かな旨味や香りを生かすことができますので、お酒をおいしく楽しみたいという方におすすめの炭酸水なのです。

大分で有名になっている天然の炭酸水

海外に行くと、航空機の中のドリンクサービスやレストランのメニューで、ガス無しのミネラルウォーターだけではなくガス入りの炭酸水も用意されていることが非常によくあります。

海外旅行をした際、ミネラルウォーターを注文するとガス入りかガス無しかを質問された経験があるという人も多いのではないでしょうか。

最近は日本でも炭酸水を選ぶという人が少しずつ増えてきています。

炭酸水というと、イタリアのサンペレグリノや南フランスのペリエ、アメリカのクリスタルガイザーなど、海外のものを真っ先に思い浮かべるという人も多いはずです。

しかし、今では日本においても上質な炭酸水が製造されています。

たとえば、大分で採水されている炭酸水はその代表格です。

大分の由布市は全国的でも名高い温泉地があることで知られていますが、地元ではこちらにある「白水(しろみず)鉱泉」で天然の炭酸水が沸いていることでも有名です。

一般の方でも蛇口から出てくる炭酸水を自由に汲むことが可能です。

持ち帰ることもでき、日本の大分で天然炭酸水を手に入れることが出来ると注目を集めています。

リンカーンで話題になった炭酸水のメーカー

炭酸水は、市販されているものを購入するというイメージしかないという方も少なくありません。

しかしながら、炭酸水は自宅であっても簡単に製造することができます。

毎日当たり前のように愛飲しているという方が多い欧米では、自宅で炭酸水をコーヒー感覚で作っているご家庭がたくさんあるのです。

炭酸水のメーカーは、日本でも少しずつ浸透してきています。

たとえば、人気バラエティー番組のリンカーンが取り上げたメーカーもそのひとつです。

リンカーンというと、幅広い世代のファンがいる人気番組ですが、リンカーンTRENDYショッピングというまさにトレンドとなりつつある商品を取り上げるコーナーがあります。

そこで、炭酸水のメーカーが紹介されたのです。

リンカーンで紹介されたのは、ソーダストリーム ジェネシス・デラックスというメーカーです。

飲料水をセットして炭酸ボンベを設置したら、あとはボタンをプッシュするだけで新鮮な炭酸水が即座にできあがります。

さらに、別売りされているシロップであらゆる味を楽しむことも可能です。

タイトルとURLをコピーしました