妊活 食事

生活

妊活のためにはどのような食事は基本的に冷え性を防ぐ老化を防ぐ食事が妊活の食事には重要です。

なぜなら冷え性を防がないと血流がわるくなり子供が育ちにくくなります。

また老化を防ぐとは卵子の元になる細胞をできるだけ若々しく保っていないと妊娠しづらくなるためです。

それではまず冷え性を改善してくると言われている食事が陽性の食品と呼ばれるものです。

生姜やねぎ、にんにく、根菜類、みそなどです。逆に冷え性になりやすい食品がトマト、バナナ、白砂糖、コーヒーなどです。

なので妊活中はこれらの食品を見極めて摂取することが重要です。

次に老化を防ぐ食事ですがこれはタンパク質、鉄分、ビタミンEになります。

あと忘れてはいけないのが葉酸と言われる食品です。

実は葉酸は厚生労働大臣が妊活中の女性や妊婦さん、そして妊娠後までできるだけ摂取してください。とわざわざ文書にして育児手帳に書いているほど重要な食品です。

そのため老化を防ぐ食品の中で葉酸は特に注意して摂取してください。

ちなみに葉酸が多い食品は鶏レバー、牛レバー、豚レバー、うなぎ、うに、えだまめ、モロヘイヤになります。

妊活中 プール

妊活中は適度に運動をして体の代謝を上げたほうが妊娠しやすいと言われています。

また妊活中の運動で人気なのがウォーキングとプールです。

ですがいくら適度な運動が良いと言っても筋力トレーニングのようなものや過度のダイエット運動は月経周期の乱れや運が悪いと子宮を傷つけてしまい妊娠しずらくなりますので注意しましょう。

ちなみになぜウォーキングやプール適度な運動になるのかと言うと有酸素運動になりやすいからです。

ウォーキングはなんとなくわかりますがプールなど全力でクロールなんかしたら無酸素運動になるのでは?と思われるかもしれません。

それは正解で実際に全力で泳いだら無酸素運動になります。そのためプール内でボール遊びやプール内を歩いたりすると全身に不可がかかり良い感じに有酸素運動になります。

ですがプールの最大の弱点といいますがデメリットもあります。それが体が冷えるということです。冷え性が妊娠にとって障害になるのでプールから上がったら冷え対策をきちんとしましょう。

ヨガ 妊活

あと適度な有酸素運動の手段としてヨガが妊活をしている人に人気です。

しかもホットヨガは別名を妊活ヨガなんて呼ばれたりしているほどです。

ちなみになぜヨガがこれほど人気なのかと言うと適度な有酸素運動のほかに自律神経を整える効果があるので月経不順や排卵期、托卵期などが正常に保たれやすくなるためです

またヨガは体の芯から温まるので冷え対策にもなります。そのために特にホットヨガが妊活ヨガと呼ばれたりしているのです。

妊活 サプリメント

妊活に必要な栄養に葉酸があります。

葉酸が不足すると奇形児の出産確率や流産の確率が跳ね上がってしまうと言われています。

そのために国も葉酸を妊娠前後までしっかり摂取しましょうと指導しているほどです。

そのため最近よく見る妊活のためのサプリメントは葉酸がいくら入っているなどの表記がなされています。

それほど葉酸は妊娠に重要な栄養素になっています。

それを反映してかネットでは様々な妊活サプリがあり結局どれが良いかわからなくなっています。

そこで一番確実なのは色々妊活サプリを試してみて自分にあったものを探すのが一番だと思います。

通常価格が安い順に妊活の葉酸サプリのランキングを作成しましたのでぜひ参考にしてください。

妊婦検診

妊婦健診は毎回行う検査と必要時に行う検査の二種類があります。毎回する検査は尿検査、体重測定、血圧測定です。

必要時に行う検査は子宮がん検診、膣分泌物検査、経口ブドウ糖負荷試験検査、保険相談、子宮頸管長測定、ノンストレステスト、骨盤X線検査です。

妊婦健診は初期は1~2週間毎に妊婦健診がありますが3ヶ月~6ヶ月くらいになると1ヶ月に一回程度になります。6ヶ月~臨月になると一週間に一回くらいになり予定日を超えると一週間に二回くらいです。

ですが臨月はいつ生まれてもよい状態なので出血やお腹の張り、痛みを感じたらすぐに検診に行きましょう。

妊婦 血圧

妊婦の時の血圧は基本的に130/85くらいと規定があります。これが高くなると妊娠高血圧症候群と呼ばれます。

妊娠高血圧症候群が出始めるのは妊娠中期くらいからと言われています。だいたい妊娠中の人の5%くらいは発症します。

妊娠高血圧症候群は以前は妊娠中毒症と呼ばれ体内の赤ちゃんに血管と通して栄養がいきづらくなる症状です。そのため赤ちゃんの健康状態に直接影響するので、妊娠高血圧症候群にならないように食生活や生活習慣を整えることが必要になります。

妊婦 食事

妊娠中はストレスを感じない程度に食事に気を使ったほうが赤ちゃんが健やかに育ちます。

ですがいくら良いものだからと言って過度に食事を変えるとストレスを感じてしまい赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼすのでストレスを感じない程度に規則正しい食事をしましょう。

妊婦の頃に摂取しないほうが良いものとしてカフェインが挙げられます。

カフェインは赤ちゃんの中枢神経を刺激したり発育が遅くなったりする危険性があります。

ですが一日3杯くらいなら問題ないとの発表もありますのでコーヒー好きの人は完全に断つ必要はないです。

またアルコールや生レバー、マグロ、赤身の魚も過剰摂取することによって赤ちゃんに悪影響がでますので適度な摂取を心がけましょう。

妊婦の頃にしっかり摂取するべきものはカルシウムや葉酸は通常の食事でも不足しがちになるのでしっかり摂取しましょう。

そうすることで赤ちゃんが健康に成長します。

カルシウムが小魚や大豆製品など色々な食品にふくまれているのですが、葉酸はうなぎやレバー類と言った女性はあまり好まない上にレバー類に至っては葉酸が摂取出来る代わりに動物性のタンパク質も同時に摂取してしまうので発育を妨げたりします。

そこで葉酸はサプリで摂取することをおすすめします。

そうすることで葉酸を効率的に摂取できます。葉酸は厚生労働省が勧めるほど妊婦にとって重要な栄養素なので確実に摂取しておきたいものです。

葉酸サプリ 妊娠

葉酸は赤血球を作りだす働きがあるビタミンB群の内のひとつです。また細胞を作り出す働きもあります。

また葉酸は赤ちゃんの発育にも関係しているということが最近日本でも急速に広まってきました。

これは厚生労働省が神経管閉塞障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢等に関する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進についてと言う資料で発表されたことも原因の一つです。

この資料の第2 葉酸及び神経管閉鎖障害の一般的な情報についての項にこのことがふれられています。

簡単に要約すると葉酸は血液を造るから貧血になりにくいので毎日摂取しても大丈夫だよと言う感じでかかれています。

このことから妊娠前や妊娠中そして妊娠後も母親にとっても赤ちゃんにとっても必要な成分ということを国が認めています。

また近年では母子手帳にも奇形児の発生を抑えるために1日400ugの葉酸を捕りましょうと記載があるくらいです。

葉酸の多い食品としてはレバー類やうなぎ、ほうれん草などがありますが、妊娠中にこれらの食品を望んで食べたいと思うお母さんはなかなかいないと思います。

つわりに始まり、においや食欲減退などがありこれらの食品はなかなか食べることができません。

そこで葉酸サプリで足りない分を補うのが今どきの方法になります。

葉酸サプリ 副作用

葉酸サプリを過剰に摂取すると副作用がでてくるのでは?と心配する人がいると思います。

このことに付いても先ほどの国からの資料には過剰な場合に発症する疾患は特に知られていない。と明記されているので、基本的にはサプリには副作用はないと思っていただいて大丈夫です。

ですが、ただでさえ妊娠中は薬などを飲んでは行けないくらい、デリケートな時期なので、サプリを飲んだら副作用があるのかも?と思うのもわかります。

そのため実際にサプリを飲んで副作用が出た人がいるのかを、ネットで調べたところ副作用が出た人たちの共通点は、良いものだからと決められた基準値以上に飲んでしまい、睡眠不足やだるさなどの副作用が発生しているようです。

どのようなものでもそうですが、決められた容量をオーバーして過剰に摂取すれば副作用がでるのも当然なので、きちんと用法。容量をまもって飲まれるのにはなんの心配もありません。

ベルタ葉酸サプリ

葉酸サプリは色々な所から出ていますが、実は葉酸サプリだけならどの会社もそれほどの変わりはありません。

一部異常に安いサプリは合成品であることが多く、化学製品が体内に蓄積されるものもあるので注意してください。

そんなサプリのなかでネットで一番人気はベルタ葉酸サプリになります。

なぜベルタ葉酸サプリが人気なのかと言うと葉酸サプリ売上、満足度、人気度ランキングで1位をとっているサプリになるからです。

また2015年、2016年、2017年とモンドセレクションで金賞を受賞しているところからもその人気がわかります。

タイトルとURLをコピーしました