外壁塗装見積術 テクニック

生活

外壁塗装 見積術 テクニック

外壁塗装の見積もりの基本はやはり詐欺業者に引っかからないことが一番です。そのためにもある程度の見積もりに関しての知識は必要になります。
それではどこで外壁塗装の見積もりに関しての情報を得るかと言うと私の場合は価格コムの住宅設備・リフォームで知識を得ました。

あとは市役所なんかに行くと市町村によっては住宅リフォーム支援事業という部署もあるのでそこで資料などももらえることもあります。また市町村によっては住宅補助金の制度があったりするので、色々知るには良いと思います。

それらを踏まえた上で外壁塗装のテクニックとしてはこれまで集めた資料を元に複数のリフォーム関連の会社に相見積もりを依頼してもらうのが良いです。

そうすることに悪徳業者からの営業が回避できます。具体的に言うと私が以前体験した外壁塗装なのにシロアリの工事をしたり、屋根がずれているといって今やらなくても良いリフォームまで契約することを防げます。

外壁塗装 価格

外壁塗装の価格って適正価格とかよくわからないことが多く業者が指定した価格が適正かどうかすらよくわからないですよね?

また外壁塗装に使用する塗料などでも価格が変わったりするのですが、この知識も普通持ってないのでその塗料が本当に適正価格で提示されているのかよくわからないと思います。

それで、価格ならなんでも比較してくれている大変ありがたいサイト価格ドットコムを見てみると、大きく分けで工事をする足場を作ったり解体したりする費用と、高圧洗浄や補修などの実際の工事費用、そして塗料など材料の費用にわけられます。この3つの費用の合計で価格が決められるみたいです。

外壁塗装 見積もり

外壁塗装の見積もりの中で足場の設置・解体費用と高圧洗浄の工事費用はだいたいの見積もり基準が一平方メートルにつき800円くらいから、高圧洗浄などの工事費用が一平方メートルにつき1500円くらいかららしいです。

また塗料に関してはどのような塗料を使用するかによって金額が変わります。これらを総合した金額が外壁塗装の見積もりの費用になります。

一般的な30~45坪くらいの一軒家だと外壁塗装で一般的な塗料を使用するとだいたい100万円くらいで収まるのが通常料金らしいです。

また窓枠のヒビ程度の外壁の補修なら30万円程度が通常料金と言われています。

一般的に外壁塗装の塗料は安い順にアクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素系塗料、断熱塗料、光触媒塗料があり料金も一平方メートル1000円~4500円と4倍くらいの料金差があります。この塗料の質によって外壁の耐久年数も変わってきますがかなり専門的な知識が必要になってくるので業者はここにポイントをおいてできるだけ高額な塗料を使用してもらうように交渉を仕掛けてきます。

ちなみに、最近の一般的な一軒家で使用されているのはシリコン系とフッ素系でシリコン系になっています。特徴としてシリコン系は紫外線や汚れに強いです。またフッ素系はシリコン系に比べて一平方メートルの費用が1000円程度高いのですが、シリコン系の特徴に加えて耐久性が2年~5年程度伸びます。その為住宅街の角の一軒家などで日差しや台風などの災害が直撃しやすい一軒家に人気なんだとか。

なので要点を伝えると外壁塗装は窓枠のヒビ程度なら30万円を基準、外壁塗装なら100万円を基準に考えてください。

ちなみに悪徳業者に騙されないためには基本的には相見積もりといって複数の業者から見積もりをとって比較してください。そうすることで工事内容や適正価格なのかどうなのか?などが判断できるので外壁塗装で失敗する確率は低くなります。

タイトルとURLをコピーしました