ニキビ 毛穴

生活

ニキビは毛穴に詰まった皮脂が原因でできる思春期ニキビと毛穴に詰まった角質が原因でできる大人ニキビがあります。

どちらのニキビにも共通することは毛穴が詰まってニキビ菌が増殖するということです。そのためニキビケアとはすなわち毛穴のケアをすることにもつながります。また毛穴ケアを怠ると毛穴が開いてしまいブツブツのお肌になりますので毛穴ケアにはまめにしましょう。

思春期ニキビの場合は、毛穴から出る皮脂の過剰分泌が原因になります。これに対して大人ニキビは食生活の乱れやターンオーバーの乱れ、ストレス、紫外線、煙草、メイクのやり方、生理周期の乱れなど多種多様な原因があります。

これらの要素が重なりあって毛穴に角質が詰まってしまい毛穴の内部でニキビ菌が繁殖炎症をおこして発症してしまいます。

ニキビ 毛穴 つまり

思春期ニキビは毛穴への皮脂のつまりが原因になりますので、基本的に洗顔を心がければ少しずつ毛穴の皮脂が落ちていきニキビは改善され毛穴に皮脂がたまることも少なくなります。

またニキビの跡にならない程度の毛穴のつまりなら放っておいても自然にニキビが治ることも多いです。ですが大人ニキビの毛穴への角質のつまりの原因は様々なので、生活習慣全般を見直しつつ毛穴のつまりを取り除かなくてはいけません。

ですが生活全般を一気に変えてしまうことは現実的ではありませんし、また余計にストレスがたまって毛穴に角質がつまりニキビができてしまうかもしれません。

ですので生活の中でまずは食生活や洗顔など何かに絞ってニキビの毛穴へのつまりを解消してきましょう。これらを少しずつすることによってターンオーバーが正常化していき毛穴へのつまりは解消されニキビも改善されます。

化粧水 ニキビ 毛穴

保湿とターンオーバーを正常化するのに一番簡単な方法はやはり化粧水を使用してニキビになっている毛穴をきれいにするのが一番です。

化粧水を選ぶポイントですがニキビで毛穴が炎症しているのが原因なので一番は抗炎症作用を持つ化粧水でしかも保湿に優れている化粧水がおすすめです。また古い角質を溶かす作用のあるものや皮脂の分泌を抑える作用があるものもニキビと毛穴のつまりを取り除くのにはおすすめになります。

ですがこれらは個人差がありますので確実に効果のあるわけではありません。あなたのお肌に合うかどうかは実際に使用してみなければわからないのです。

ニキビ クレーター 治し方

ニキビクレーターはアクネ菌が炎症を起こして周囲の細胞を傷つけた状態です。このニキビクレーターになると基本的に自宅での完治はほぼ不可能といわれています。

なぜならお肌がクレーター状になると真皮の奥の皮下組織にまでダメージが残っているからです。通常ターンオーバーは真皮より手前の表皮部分で発生します。そのためニキビクレーターになってしまったお肌はターンオーバーで改善がほぼ期待できません。

そんなニキビクレーターですが、自宅では完治は難しいもののクレーターを薄くすることは可能です。例えば事故などで腕や足に深い傷跡ができたとします。この状態はお肌の内部まで深くダメージがはいっているので基本的にはこの傷跡は治りません。

ですが、何十年もすると徐々にではありますが、薄く目立たなくなって行きます。実はニキビクレーターもこれと同じお肌の奥深くにダメージが入っている状態なので何年もかけてスキンケアを行うと徐々に薄くなります。

もし自宅以外で完治を目指す場合は美容皮膚科などでレーザー治療と受けることをすすめします。レーザー治療だと真皮の奥の表皮細胞にまで治療をすることができるので、ニキビクレーターをどうしても完治させたい場合はぜひ美容皮膚科に行くことをおすすめします。

ニキビ クレーター 化粧品

ニキビ跡やクレーター状になっているとついつい厚化粧をしてニキビがわからないようにしたくなります。確かに会社や合コンなどでニキビ顔をみられたくないのは当然の話だとおもいます。

ですが、厚化粧をすればするほど毛穴を塞いでしまいより新しいニキビができやすい環境ができてしまいます。ニキビ跡やニキビのクレーターを隠したいために、厚化粧をした結果新しいニキビがたくさんできる・・・。こういったことを防ぐためにも化粧品選びはきちんとしたほうが良いですね。

最近ではニキビクレーターやニキビ跡専用の化粧水や化粧品もたくさん販売されているのでもしニキビ跡やニキビクレーターを目立たなくさせながらニキビを改善させたいならそういった化粧品を使用してみましょう。

ニキビ治療 レーザー

ニキビが悪化するとどうしてもお肌の持つ自然治癒力だけでな改善されなくなります。そのためニキビが悪化してクレーター状や凸凹になると皮膚科での治療を考え出します。

そうなる前にまずは予防に日々の生活習慣やお肌を洗顔・ケアしていけばまず末期症状まではならないので日頃のケアが重要です。

ニキビ治療で有名なものにレーザー治療があります。これは専門の装置でひかりをお肌に照射して皮膚がアクネ菌によって炎症して傷ついた部分だけ焼いてお肌を正常な状態に戻す手法です。

これだとお肌の表面は傷つけずに炎症を起こしたお肌のみをピンポイントで治療することができます。また光なので真皮の奥まで治療できるのでニキビ跡やニキビクレーターにも効果があると言われていまます。

またレーザー治療といっても炭酸ガスレーザーやルビーレーザー、YAGレーザー、アレキサンドライトレーザー、ダイレーザーなど用途に合わせていろいろなものがるのでもしレーザー治療を考えている人は皮膚科に行って相談してみましょう。

ちなみにエステでやるレーザー治療とはまったく違います。エステでのレーザー治療は治療目的ではなく、美容や美肌を目的にしているのでニキビができにくいお肌を作るためのレーザー治療になります。

韓国 ニキビ治療

韓国でもニキビ治療は盛んに行われています。ニキビは共通のお肌の病気であり美肌を目指す上では避けて通れない道です。

韓国のニキビ治療は日本と違いニキビが発生したらまずはその部分を潰してしまうのが主流です。そのために自分でするとニキビ跡になりやす治療法でもあります。

そのためか韓国ではニキビができたら専門医へ行ってニキビを潰してもらうのが一般的になっています。また韓国ではニキビを潰すさいに鍼治療で使用される細い針を使用して毛穴から皮脂を取り除いて除去します。

これは一見原始的に見えて非常に効率的な方法になります。ですが失敗するとニキビクレーターになりやすいので専門分野が発達したともとれます。この針でのニキビ除去のメリットは治るのは日本での薬の治療より何倍も早いことが挙げられます。

何はともあれもし初期状態の白ニキビや赤ニキビくらいならニキビを一日でも早く治したい人は韓国式のニキビ治療のほうが良いと思います。ただ日本では、韓国式が浸透していないので都市部の美容皮膚科などへ受診して聞くのが一番です。

ニキビ治療で一番結果がでるものは結局毛穴につまった皮脂や角質を取り除いて炎症を防ぐのが一番治ります。

また皮脂分泌しやすい食べ物やお肌のターンオーバーを弱らせる生活習慣を改善するとより早く治りやすくなります。

ただひとつ言えるのは、ニキビ治療においてニキビ予防の結果重視なら洗顔と保湿でお肌のケアをするのが一番ですし、ニキビ跡やニキビクレーターになってしまったら美容皮膚科などへ受診してお肌を再生するのが結果重視なら一番になります。

タイトルとURLをコピーしました