ニキビケア

生活

ニキビケアは大きく分けて1.毛穴につまったニキビ菌を炎症前に清潔にする。2.毛穴につまったニキビ菌の炎症を抑える。3.炎症してしまった皮膚を再生する。

この3つのニキビケア方法がありそれぞれにやるべきニキビケア方法は違います。

まず1.毛穴につまったニキビ菌を炎症前に清潔にする。ですが、これは白ニキビのように毛穴が炎症するまえに洗顔や保湿で毛穴を清潔にするとニキビ予防になります。

次に2.毛穴につまったニキビ菌の炎症を抑える。ですが、これは赤ニキビや黄ニキビなどの毛穴が炎症してしまって皮膚を傷つけている段階です。この段階ではできるだけ炎症を抑える薬を皮膚科などで処方してもらってまず炎症を抑えることがニキビケアにつながります。

最後に3.炎症してしまった皮膚を再生する。ですがこれは、ニキビクレーターやお肌が凸凹になってしまった状態です。ニキビ菌が毛穴の内部で炎症することによって真皮まで傷ついた状態でほとんどの場合治らないか、もしくは後遺症が残ってしまいます。

そのため皮膚科などでレーザー治療を受けて皮膚を移植したりします。

このようにニキビケアと一口にいってもニキビの状態やニキビの進行具合によってニキビのケア方法は違いますので、あなたの今の状態にあったニキビケアをしましょう。

毛穴 ニキビ ケア

毛穴に皮脂や古い角質がつまってしまって毛穴の内部でニキビ菌が炎症してニキビは発生します。

そのためニキビケアとは毛穴のケアとも言えます。特に思春期ニキビなどの皮脂の過剰分泌によってできるニキビは、毛穴をできるだけ清潔にすることによって改善されます。

ですが毛穴ケアをしても大人ニキビなどが発生する場合があります。生理前のニキビに代表される生活習慣や睡眠時間、ストレスなどで発生する大人ニキビがこれにあたります。

毛穴ケアをきちんとしていても生理前になると毎回同じ場所にできるニキビはまさに毛穴のつまりが原因ではなく、こちらのホルモンバランスの乱れが原因になります。そのため洗顔をしっかりするよりも美容液などでお肌に活力を与えてホルモンバランスを整えるのが良いです。

ニキビケア 口コミ

ニキビケアの口コミでのおすすめの方法ですが、にきびの状態によってそのおすすのケア方法も変わります。

思春期ニキビケアなら毛穴から分泌される皮脂の過剰分泌が原因ですし大人ニキビケアなら食生活や不規則な生活、メイクの落とし忘れや角質が毛穴につまったりするのが原因になるのでそれに対応したおすすめ方法があります。

またニキビ跡のケアは皮膚の細胞が破壊されているので他の2つはおすすめの方法が全く異なります。なぜなら細胞の修復をしなければ治らないからです。

ニキビケア おすすめ 洗顔

これらのニキビケアをする際におすすめな方法として洗顔があります。それでは各ニキビケアに沿ったおすすめの洗顔方法をご紹介します。

思春期ニキビケアのおすすめ洗顔方法は頑張り過ぎないということです。

にきびができるとどうしても一日何度も洗顔してしまう人がいますが、これが必要以上に顔の皮脂を取り除いてしまい保湿や顔を守るために必要以上に皮脂が分泌されてしまいおすすめできません。

その結果思春期ニキビができやすい肌になってしまうからです。思春期ニキビのケアの洗顔は一日一回がおすすめです。

次に大人ニキビケアのおすすめ洗顔方法ですが保湿になります。この頃になるとお肌が乾燥が気になりだします。

お肌の乾燥は皮脂が正常に分泌していない状態でバリアの役割が弱っているのです。

そのため保湿をしっかりしてこのバリアを正常な状態にする方法がおすすめになります。

最後にニキビ跡のケアのおすすめ洗顔方法ですがターンオーバーを正常にすることです。

ターンオーバーを正常にするおすすめのケア方法ですが、基本はぬるま湯に顔をつけて毛穴を開洗顔料の泡だけで指がお肌に触れない程度に洗うのがおすすめです。

その後しっかりとすすぎをして冷水で顔を冷やして毛穴を締めましょう。

そうすることでターンオーバーが正常に働き出しますのでこの洗顔方法はおすすめです。

ニキビケア おすすめ

ニキビケアのおすすめ化粧水や乳液なのはあなたの肌質や大人ニキビの症状によっておすすめは変わります。

また男性か女性かによってもニキビケアのおすすめ方法は変わりますし、ニキビケアと言ってもニキビ跡のケアなのか白ニキビのケアなのか紫ニキビのケアなのかによってもニキビケアのおすすめの方法は変わります。

そのためあなたにあったニキビケアの方法を探さないといけません。

一番大きな勘違いをしているニキビケアとして10代のころの思春期ニキビのケアと20代以降の大人ニキビケアを同じに考えている人が多いです。

10代の頃のニキビは過剰な皮脂の分泌による毛穴のつまりや甘いのものの食べ過ぎ、化粧品の油分による毛穴のつまりが原因になります。またオイリー肌だとニキビになりやすいのも特徴です。

ですが20代のニキビの原因はストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れによって皮脂腺がすくないあごやほほにできやすくなります。また皮脂腺が少ない場所にできるので特にオイリー肌でなくてもできます。

これらのことから、10代の頃のニキビ対策すなわち皮脂のつまりによるニキビ対策をしても効果がないどころか、余計に油分が奪われ乾燥してニキビになりやすくなります。

20代の頃にニキビは保湿して油分や水分をお肌から逃がさないようにうしなければなりません。

大人ニキビ スキンケア

大人ニキビのスキンケアの基本は保湿です。お肌から水分がなくなるのを防いだり、空気中の汚れを毛穴に吸着させないように保湿するのが基本です。

また年齢とともになくなってくる潤いやハリを維持するためにもビタミンC誘導体やセラミド、ヒアルロン酸などが入っている美容液もニキビを改善するのに有効です。

これらのことを踏まえてあなたにあった化粧水や美容液を探してみましょう。ニキビケアとはお肌をキレイに保ちながらお肌に栄養を与えることになります。

ニキビケア 化粧品

大人ニキビケアの化粧品を選ぶポイントは保湿力になります。あとは界面活性剤を使用しているものやオイリーなものも避けましょう。

そうすることでニキビ跡などで荒れたお肌が徐々に改善されていきます。またニキビケアのための化粧品はスクラブ剤リキッドファンデーションが成分として含まれているものは使用しないほうが無難です。

ニキビ跡にスクラブ剤入の化粧品を使用するとお肌が傷んでいる上にスクラブ剤で表面の角質を落とすために削ってしまうのでよりニキビ跡が悪化します。

大人ニキビができている時やニキビ跡になっている場合はファンデーションに注意する必要があります。特にリキッドファンデーションは油分が多いため大人ニキビやニキビ跡のお肌の毛穴のつまりがひどくなりニキビが悪化してしまいます。

もしアゴやホホにニキビがある場合やニキビ跡がある場合ならリキッドファンデーションではなく、パウダーファンデーションを使用しましょう。

もし可能ならミネラル系のファンデーションはお肌への負担が小さいためより良いです。

韓国 ニキビ 化粧品

韓国は整形大国とも言われていますが、美肌大国でもあります。確かに韓国の女性でニキビができている人をほとんど見かけません。

なぜなら韓国ではニキビは皮膚の病気である意識が高くニキビができたらすぐ皮膚科へ受診してニキビを除去するからです。

日本で言う風邪を引いたら病院へ行く感覚と同じだと思います。そのため韓国の女性はニキビがほとんどないように見えます。

また韓国のニキビ用の化粧品は日本に比べても安くて良いものがたくさんあります。なぜなら、韓国の女性は美意識が日本以上に高いのでそれに合わせて企業も優良な化粧品を数多く製造しているためです。

ちなみに最近は百貨店や雑貨店でも韓国の化粧品を多く見かけますので、一度見てみるのも良いと思います。

ですが、韓国の化粧品を使用する上でのデメリットはあなたにあっているかどうかがわからない所にあります。なのでできればある程度は韓国語を習得してからのほうが良いかもしれません。

ニキビ 化粧品 アクネ

大人ニキビ用の化粧品の特徴は毛穴の内部で増殖・炎症をおこしているアクネ菌を殺菌する作用とその後お肌の再生を助ける作用があるものが多いです。

そのため大人ニキビ用の化粧品を選ぶときは、これらの成分が入っているものを選びましょう。

ちなみにアクネ菌を殺菌してくれる効果のある成分として、硫黄、グリチルレチン酸ジカリウム、オウバクエキスなどがあります。

またお肌の再生を助けてくれる成分として、サリチル酸・アラントイン・ビタミンC誘導体・トラネキサム酸・m-トラネキサム酸などがあります。

保湿 ニキビ 化粧品

保湿はニキビケアにおいて非常に重要です。保湿が不十分だと毛穴がつまりやすくなりますし、お肌が荒れたままなので空気中の汚れなどにもお肌が敏感に反応してしまい皮脂が過剰に分泌してテカリの原因になったりします。

また保湿をしておかないとお肌にハリと潤いがなくなってきますので、実年齢より老けてみられたりするため、ニキビケアの側面も強いですが、お肌を若々しく保つためにも保湿は必ずしましょう。

また歳を重ねるごとに、化粧品もその時のお肌の状態で変わりますが、できるだけ下地や化粧水の段階で保湿成分の高い化粧品を選んだほうが無難です。

ニキビケア 洗顔

ニキビケアでも思春期と大人になってからではその洗顔方法に違いがあります。思春期の頃の洗顔は皮脂を落として毛穴のつまりをできるだけ改善することがニキビケアで重要ですが、大人になるにつれ皮脂の分泌が悪くなり、しかもお肌から水分も失われやすくなります。

そのため思春期の頃のように洗浄力が強い洗顔料を使用するとかえってお肌が荒れてしまい悪化します。

大人ニキビケアの洗顔方法で重要なのは保湿になります。そのため洗顔後の保湿と美容液でお肌に栄養を与えるのがニキビケアのために欠かせません。

大人ニキビケアの洗顔方法ですが、一言でいうとぬるま湯でニキビ用の洗顔料で泡で顔を洗うということになります。そしてその後に美容液や保湿液を使用してお肌に栄養を与えるのがニキビケアの洗顔になります。

洗顔方法をもう少し具体的にお話すると

ステップ1:ぬるま湯で顔を洗い毛穴を広げる。

ぬるま湯の温度は触ってすこし冷たいくらいの温度がちょうど良いです。大体32度前後と言われています。

これより温度が高いとお肌を守る皮脂まで一緒に洗い流してしまうからです。またこれよい冷たいと逆に毛穴が温度を保つために締まってしまいます。

ステップ2:洗顔料をきめ細かく泡立てる。

洗顔時は手で顔を擦らず泡立てた泡で洗顔してください。

また泡立ちが弱いと泡に汚れが吸着せずに毛穴の汚れが落ちなかったりします。

ステップ3:ぬるま湯で洗い流す。

特に冬場なんかは、寒いからと言って熱めのお湯を使用したくなるかもしれませんが、お肌にとっては熱めのお湯は皮脂が剥がれ落ちやすくなり空気中の汚れがお肌を攻撃しやすくなります。

またシャワーなどを使用して洗い流すと、シャワーの圧力で毛穴にたるみができてしまいこれが小じわになったりするので洗い流すときは手でぬるま湯を顔にかけて洗い流しましょう。

ステップ4:冷水で開いた毛穴を締める

ぬるま湯で毛穴を開いたままにしておくと空気中の汚れや汗などが毛穴に入りやすくなりニキビになりやすくなるので、必ず洗顔後は冷水で毛穴を占めましょう。

ステップ5:美容液や乳液で保湿をする。

大人ニキビケアの最大のポイントは保湿になります。

特に年齢が高くなるにつれて保湿を十分にしていないとニキビになりやすく、またシワやたるみの原因にもなりますので、保湿が確実にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました