キューピーの介護食を紹介

健康

マヨネーズなどで大人気なキューピーから出ている介護食やさしい献立というシリーズがあります。

キューピーの介護食は、ユニバーサルデザインフードとも言われており、高齢者の介護食という目的だけでなく、療養中の方などにも食事の楽しみをお届けすることができるよう味にこだわって作られています。

また、やさしい献立は、区分1から区分4まで分かれています。この区分というのは、食事のかたさや粘度によって分かれています。

容易に噛むことができる区分1から、噛まずに食事ができる区分4まであるため、さまざまな状態の方においしい食事を楽しんでもらえます。キューピーやさしい献立で高齢者だけでなく、さまざまな人においしい食事の時間を楽しんでみてはどうでしょうか。

介護食はレトルトになるまで進化

介護食というと、食事を食べやすくするために細かく食材を切ったり、出来あがった食事をミキサーにかけてペーストにするといった手間をかけなければなりませんでした。

普段の食事でも時間がかかるのに、もうひと手間かけて作らなければいけませんので大変ですよね。そこで、最近ではレトルトの介護食がたくさん販売されています。

レトルトになったことで、時間や手間をかけずに準備することができます。仕事をしながら介護もしている忙しい方や、急な病気で療養している方にとっては大変助かるのではないでしょうか。

レトルト食品は、主に湯煎して温めるか、レンジで温めるといった方法で簡単に食事することができます。レトルトの介護食はさまざまな食品会社がたくさんのおいしい商品を販売しているためお試ししてみてはどうでしょうか。

ハウス食品の介護食の特徴

ハウス食品といえば、カレーやシチューのルーや即席のラーメンやレトルト食品で有名な食品会社ですよね。一度はみなさんも口にしたことがあるかと思います。

このハウス食品で、最近注目されているのが介護食です。ハウス食品の介護食は、主に栄養補給食として販売されています。ユニバーサルデザインフード区分3の柔らかさで、舌でつぶしながら食事ができる硬さの食品となっています。

種類は、食事の楽しみであるデザートとして活躍しそうなものが多くあります。やさしくラクケアという商品名でやわらかプリン、やわらかゼリーといった商品が人気のようです。

甘いものが苦手という方は、やわらか胡麻豆腐ややわらか玉子豆腐といった商品もあります。ハウス食品の介護食で、デザートやもう1品加えてみて、食事を楽しくしてみませんか。

介護食の資格で介護食士が誕生

日本は少子高齢の社会となっています。そこでこれからの日本の社会で重要とされている職種のなかに介護があります。

介護と一言で言っても、さまざまなことがあります。さまざまな介護のなかでも、重要となっているのが食事の部分になります。

そこで、最近になり介護食の資格ができており注目されています。

介護の資格としては、介護食士という資格があります。この介護食士という資格は、全国調理職業訓練協会が主催・認定している民間の資格となっています。

日常の食事から介護用の食事、病気の状態や介護の状態によってどのような食事が適しているのか、介護用の食事についての技術などを学びます。1級から3級まであり、2級以上は栄養士や調理師としての実務経験が必要となっています。

犬の介護食とは?

介護食という言葉を聞くとおじいちゃんおばあちゃんが食べる食事とみなさん思いつくのではないでしょうか。しかし、老いていくのは人間だけではありませんよね。

ペットしてみなさんと一緒に生活している犬や猫も、あなたと一緒に老いていきます。

そこで犬の介護食が、最近では販売されています。犬の介護用の食事なんか、ペットフードを柔らかくすればよいのではと思っている方も多いとは思います。

しかし、老いた犬に適した栄養を摂ることが大変重要となってきます。犬の介護食として販売されている商品であれば、栄養も整っています。また、普段に食事にプラスして食事する栄養補助食品といった商品もあります。

さまざまな食事の摂り方を用いて、ペットと最後まで一緒に元気に生活ができるよう食事を見直してみてはどうでしょうか。

ソフト食の介護食のレシピはどんなものがある?

介護食と聞くと、細かく食材を刻んでつくる、きざみ食やミキサーでドロドロになった見た目があまり良くない食事を想像するのではないでしょうか。

食事は人間だけでなく動物にとっても1番の楽しみと言っても過言ではありません。それは、高齢者にとっても同じことが言えるでしょう。

味だけでなく見た目など鮮やかでおいしそうなものがいいですよね。そこで、介護食の中で注目されているものにソフト食というものがあり、たくさんのレシピが考えられています。

ソフト食はやわらかいが食べ物の形を残しており、見た目がおいしそうということで高齢者を中心に人気があります。

咀嚼や嚥下が苦手になってきて介護食を考えている方は、ソフト食を用いて食事をまずはおすすめします。介護用の食事のレシピにもソフト食は増えているためさまざまな食事もレパートリーを楽しむことができるでしょう。

介護食士とは?

日本では高齢者の数が年々増加しており高齢化社会になっています。今後も日本の人口の3人に1人は高齢者になると言われているほど高齢者の国になると予想されています。

そこで、介護の仕事などが再度見直されており、介護の中でも専門分野の資格ができています。介護するなかでも、重要な部分を占める食の部分で注目されている資格の1つに介護食士という資格があります。

介護食士には、1級から3級まである民間の資格となっています。1級と2級は調理師や栄養士の実務経験が必要なため、資格のステップアップとしても介護食士は注目されているのです。

介護食士は、高齢者の介護の程度や障害の程度によって、どのような食事が良いのかなどを専門的に考えて提供することができる資格になります。今後の介護施設でも注目されると期待されている資格なので、現在働かれている調理師や栄養士の方や、今後介護に携わりたいという方、親の介護でおいしくて安全な食事を食べさせてあげたいと考えている方はぜひチェックしてみてください。

介護食器は電子レンジ可なの?

高齢者の方には、片側に麻痺がある片麻痺の方や、口が大きく開かない方、握力が弱い方といったように生活に少し支障のある障害を持った方が多くいらっしゃいます。

そこで、障害をもっていながらも普段の食事ができるように工夫された食器が作られています。このような食器類を介護食器といいます。

介護食器はすべり止め効果があったり、落としても割れにくくケガをするリスクが小さいといった特徴があります。また、食事介助が行いやすいような設計になっていたり、さまざまなデザインや工夫があります。

そして、最近では電子レンジ可な介護食器が増えています。なぜならば、電子レンジで温めるだけで食べることができるレトルトの食品が増えているため、介護食器のなかでは人気の種類となっています。

介護食を出している方や自宅で介護している方は、ぜひ電子レンジ可の介護食器を購入してみて、手軽に介護用の食事をつくってみましょう。

介護食の宅配が流行中

親の介護を自宅で行っている方は、普段の食事の準備にプラスして介護食を作るといったように、無理をしてはいないでしょうか。

無理のある介護は介護する側もされる側の両者にも悪い影響しかまいと言われています。そこで、介護用の食事を毎日準備するのではなく、宅配の介護食に頼んでみるのはどうでしょうか。

糖尿病をもっている高齢者の方の食事になると、カロリーや糖分も考えなければならないので大変ですよね。宅配の介護食であれば、どのような状態が良いのか、持病のことを考えた栄養価に合わせて食事を作り宅配してくれる会社もあるので、無理せずに介護することができるでしょう。

最近はたくさんの業者がおこなっているため、比較的に安価に頼むことができますし、曜日によってたのむことができたり、さまざまなサービスがついているので大変おすすめです。

ワタミの介護食宅配事業とは?

全国で展開されている居酒屋和民のワタミグループがおこなっている、ワタミの介護食の宅配が大変人気があります。

ワタミグループの介護食は、毎日自社工場で手作りによって作られているものをチルドでお届けするため安全で安心です。調理後は1度も冷凍しないため、素材本来の味が楽しめます。

電子レンジ対応の容器に入って届くので、そのまま温めればすぐの食べることができます。

そして何と言っても、ワタミグループの介護用の食事が人気な理由は、おいしく色鮮やかなお弁当が宅配されるからです。介護食と聞くと、味気がなく地味といったイメージがあるでしょうが、ワタミグループの介護用の食事は今までのイメージを覆すこと間違いなしです。おいしい食事を食べたければ、1度お試しでもよいのでワタミグループの介護食頼んでみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました