ろうそくの作り方

生活

今、ちょっとしたブームになっているのが、自作ろうそくになります。従来の蝋燭と言うと、白い棒状の味気ない物の印象が強いですが、近年では果実型などにしてお洒落に作るのが流行っています。

キャンドルと言った方が、イメージとして伝わりやすいでしょうか。ろうそくなんて作るの危険じゃないかと思われるかもしれませんが、火を灯していないのであれば、作る事自体は子供でも可能なくらいです。

用意する物は、仏具用蝋燭(原材料が同じなら仏具用でなくても構いません)、空き瓶やグラス(型になります)、タコ糸、割り箸です。

作り方は簡単です。

まず割り箸を好きな長さに折り、中央部分にタコ糸を結びます。仏具用蝋燭はフライパンや鍋に入れて、加熱します。

すると液状化しますが、この時、元々の芯の部分は取り除きましょう。液状化した物を、型にしたい空き瓶やグラスに注ぎます。

先に作ったタコ糸を液状化したろうを入れた型の中に底まで届くように垂らし、割り箸を瓶の口に置きます。しばらくすると液状化したろうが固まります。これで完成になります。後は好きにデザインしましょう。

ロウソクの作り方

近年ブームになりつつあるのが、自作のろうそく作りです。蝋燭と言うと、実務的な灯をともすだけの物をイメージしがちです。

しかし、キャンドル作りと言うと途端にお洒落な印象に早変わりです。キャンドルの作り方は、チョコレートの作り方に良く似ていて、造作の自由度が高い為に女性にも人気があります。

作り方自体もとても簡単です。まず必要な量のろうそくを用意します。そちらをフライパンなどで加熱して溶かします。

透明な液体になりますので、それを好みの型(グラスや空き瓶などが最適です)に流し込み、後は冷えて固まるのを待つだけです。

オーソドックスな作り方としては、これでキャンドルが出来てしまいます。しかし、果実のような型にしたり、固まったろうそくから容器を外せるようにしておけば、削って形を整えたりガラス玉やビーズを埋め込んだりと言った工夫をする事もできます。

ローソク温泉

ろうそく温泉と言う場所があります。正確には、湯之島ラジウム鉱泉保養所と言います。

今、温泉ファンの間で人気沸騰中です。こちらは岐阜県の中津川市にあります。ろうそく温泉の名前の由来は、俗化させない為に昭和58年の秋までろうそくの灯をともしていた事が由来になります。

元々は、大正13年に名大医学部教授だった林直助博士が、ラジウム開発研究がされました。その後、日本屈指のラジウム泉となり、昭和20年に開業しました。

また、鉱泉自体の歴史も古く、武田信玄に追われた落ち武者がこの鉱泉で傷を癒したと言う逸話もあるようです。

温泉自体もラジウム泉でとても良い効能がありますが、近辺に散歩道があり軽い運動ができたり、温泉所有の農園があって、そこで作られた無農薬野菜を食べる事ができるなど、温泉以外にも楽しめる要素が幾つもあります。

料金面もそれほど高額ではありませんので、社員旅行や家族旅行に是非利用して欲しい温泉になります。

ろうそく夜

ろうそく夜は、生活道具と喫茶店になります。喫茶店と言っても実店舗があるのではなく、イベント等に参加されているようです。

いわゆる、おうちカフェと言う物のようです。最近では、saviesavie主催の秋に行われた台所喫茶店にも参加されたようです。

ろうそくの夜は、近日は特に多くのイベントに参加されているようで、知名度も上がっています。食べ物としてはチーズケーキやかき氷、スコーン、マフィンなどを注文できるようです。

ろうそくの夜は基本的にまったりできる空間を基礎に、レトロチックなデザインが特徴的です。また、ランチを注文した人の感想でも、ランチ自体の他に出された道具も非常に好評なようです。

木製のスプーンや豆しぼりのおしぼりなど、見た目と使いやすさが両立されています。隠れファンがかなり多いのが特徴ですが、場合によっては予約が必要な時もありますので、興味がある場合には、まず連絡を取ってからの方が良いでしょう。

和ろうそく

オリジナル 花の詩 3号 絵ろうそく 6本入 (手描き)命日 お彼岸 お盆 年忌 法事 法要お供え 供養 志 喪中見舞い 喪中お見舞い進物 贈答 絵ローソク 和ろうそく 仏具など、和ろうそくは蝋燭の一種です。正式表記は和蝋燭になります。

櫨を原料として、その実を絞って木蝋を溶かして和紙やいぐさで作った芯を中心に、乾燥させるを繰り返して作った物になります。特徴として、断面が年輪状になっています。一般的に日本で作られた蝋燭と言う印象が強く、洋蝋燭よりも長く燃え続けるなど多く利点があります。

ちなみにハゼの蝋のみで作られた物が最高級となります。非常に歴史が古い蝋燭で、300年の歴史のある蝋燭店もあり、今もまだ作られ続けています。

和ろうそくを使用する利点については、ただ機能性で洋ろうそくに勝ると言うだけではなく、美的にも観賞用に使われるくらいです。

その為、見た目を重視して作られた和蝋燭も少なくありません。製作に手間が掛かる為、多少値段は張りますが、それを補って余りあるメリットがあり、国内外問わずコレクターも多数存在します。

ろうそく 芯 作り方

近年は自作ろうそく(自作キャンドル)がブームとなっています。ろうそく作りの教室等も多数開講され、ネット上でも作り方が多く公開されています。

そんなろうそく作りですが、大きくは蝋を工夫してデザインするイメージが強いです。

しかし、ろうそくなので使い続けるうちに、芯ばかりが短くなって不恰好になったり使えなくなったりしてしまう人も多いようです。

作り方としては、蝋燭そのもの再び溶かしてしまいます。蝋は使っていくうちに使えなくなると言う事もありません。

まず、容器周辺の蝋を削り取ってしまいます。削った蝋は容器の中に戻し、容器の開口部に十字にセロハンテープ等を貼り、新しい芯として用意しておいたものを中心に来るように安定させます。古い芯は取り除いておきます。

後は簡単です。容器ごと湯煎したりして蝋を溶かして再び凝固させれば良いのです。蝋は消耗しませんが、芯は消耗するので、駄目になってきたと思ったら取り替えましょう。

LED ろうそく 回路

LEDの回路を利用して、ろうそくの火のように見せると言うのが、静かなブームとなっています。LEDを点灯させるには、回路を作成する必要があります。

回路の作成には、LED、電源、抵抗器(電流制限抵抗)が必要となります。更に点滅させるとなると、より多くの部品が必要です。LEDをろうそくの火のように見せるには、LEDキャンドルICと言うICチップも必要になります。

上記で作った回路に、この3本足のICチップを組み込むと、まるでろうそくの火のように揺らめいて見せる事ができます。LEDキャンドルICは、各メーカーによって使い方が異なる場合がありますので、使用の際は説明書やメーカーに問い合わせた方が、確実的な使い方ができます。

デザインとして、ディフューザーを付ける事で、よりろうそくの形に近づける事ができます。

カメヤマローソク

カメヤマローソクは、カメヤマ株式会社の神仏用ろうそく・線香のことです。従来のろうそくの使いやすさをそのままに、様々なタイプがあります。

一般的に植物蝋燭で、スス(油煙)が出難く、臭気も気にならないのが特徴になります。従来のろうそくだと、どうしても使用する事で部屋への汚れや臭いが気になりました。

しかし、カメヤマローソクなら安全・安心に使用する事ができます。また、創業から歴史があり、蝋燭の技術力の高さもかなりのものです。

バリエーションが非常に豊富で、燃焼時間や大きさや量を様々なタイプを取り揃えています。中には22時間も燃え続けるロングタイプもあります。カメヤマローソクを選ぶ利点に、上記の使用用途のみならず、パッケージやろうそく自体のデザインも秀逸です。

5色蝋燭等もあり、ただ単純にろうそくとして使うだけではなく、見て楽しむ事も充分可能です。また、カメヤマローソクはあくまで実用重視で、同社からは更に秀逸なデザインのろうそくが多数販売されています。

ろうそく イラスト

ろうそくのイラストは、ネット上でも多数公開されています。
FOTOSEARCHやCanStockPhotoと言ったイラストサイトが、人気があるようです。

FOTOSESRCHは写真や動画やイラスト素材を扱っているサイトになります。こちらのサイトでは、写真や動画やイラストの素材(ろうそくのイラスト等)を購入する事ができます。

トップページからアカウントを取得し、好きな素材をカートに入れて購入します。支払いはビザカードやマスターカードなど、カードで支払うようになっていますので、面倒な手続きは必要ありません。

そして何と言っても、このサイトの素材は、ロイヤリティフリーの物が多くあります。著作権フリー、つまり商用などで使用できる素材と言う事になります。

ただ、登録されている素材はFOTOSEARCHが一括して作成している物ではないので、作成元に著作権に関しては問い合わせてから使用します。

CanStockPhotoもまたろうそくなどのイラスト素材を購入できるサイトです。

カード払いですので、手間要らずになっています。FOTOSEARCH」もロイヤリティフリーの素材販売サイトですが、CanStockPhotoは全ての素材がサイトで作られています。

なので、著作権確認の手間ではこちらの方が一歩先んじます。ロイヤリティフリーは近年流行の形態で、商用利用が可能なので企業等でも頻繁に使用されています。

タイトルとURLをコピーしました