ふつつかな悪女のネタバレと結末

マンガ

ふつつかな悪女ではございますが〜雛宮蝶鼠とりかえ伝〜は小説家になろうで連載されていた後宮を舞台にした時期皇后の座をかけて競い争うギャグ・コメディ風の作品になっています。

ふつつかな悪女ではございますが〜雛宮蝶鼠とりかえ伝〜のあらすじやネタバレ要素として傾国の美女で病弱な身体と鋼のメンタルをもった主人公が、鋼のメンタルを維持したまま健康な女性だけどネズミと称されるくらい品のない女性と入れ替わってしまいます。

ふつつかな悪女ではございますが〜雛宮蝶鼠とりかえ伝〜で元々病弱だった玲琳は彗月と身体が入れ替わることによって今まで病弱だった自分の身体が健康体になったこと、精神の入れ替えが起きた彗月によって処刑されそうな所を回避して自由な生活を手に入れます。

傍からみたらボロ屋での軟禁ぐらしではあるのですが、元々病弱だった玲琳は健康な身体になったことで好きなだけ薬草を育てたり、実験をして過ごす環境から脱却したことに喜びます。

このあたりが読者から鋼のメンタルとか鋼さまなどと呼ばれたりしています。特に精神と身体の入れ替わりの作品は文脈的に紛らわしいことが多いので特徴を掴んだあだ名と読者がつけることがよくあるのでその一環になります。

そして鋼がメンタルのヒロイン玲琳はこの廃屋で自給自足の生活を始めます。そして後日様子を伺いにきたネズミこと彗月はここでの生活を満喫している玲琳に絶句してしまいます。

そして病弱な身体になった彗月は玲琳の日常と無理やり体力をつけようとハードトレーニングをしていた事実に自分がやっていけるだろうか不安にかられてしまいます。

ふつつかな悪女ではございますが〜雛宮蝶鼠とりかえ伝〜は小説では最後は入れ替わりが発覚してハッピーエンドっぽい形で終了します。

書籍で言えば2巻までが小説家になろうで掲載されていた部分になります。そこから書籍では入れ替わりが戻ってあらたなる宮中劇が始まります。

ふつつかな悪女ではございますが 〜雛宮蝶鼠とりかえ伝〜 (1)【電子限定描き下ろしマンガ付き】

ふつつかな悪女のなろう小説の結末完結している?

ふつつかな悪女ではございますが〜雛宮蝶鼠とりかえ伝〜は小説家になろうにおいての結末は一応の完結はしました。ですが、書籍化で続編を書くにあたって小説家になろの規約違反になる可能性があるため削除されています。

ふつつかな悪女ではございますが〜雛宮蝶鼠とりかえ伝〜の外伝はそのまま残っているのでもしふつつかな悪女ではございますが〜雛宮蝶鼠とりかえ伝〜の世界観を読みたいなら一読する価値はあると思います。

ふつつかな悪女ではございますが〜雛宮蝶鼠とりかえ伝〜の設定などは無料マンガなどで補完した後に読めば結構楽しめます。

ふつつかな悪女の漫画を無料で読むには?

ふつつかな悪女ではございますが〜雛宮蝶鼠とりかえ伝〜はピッコマなどで無料で読むことができます。時間さえかければ1巻分は無料で読むことができるのでお得になります。

ただ全巻を無料で読むことはできないのでそういった場合は電子書籍の購入などを検討しても良いかもしれません。ふつつかな悪女ではございますが〜雛宮蝶鼠とりかえ伝〜そのものはまだ巻数も少ないので集めやすいと思います。

タイトルとURLをコピーしました