おっさんのダイエット

生活

中年のおっさんと言われる世代になると、メタボリックシンドロームが気になり始める人も多いと思います。

若いころだと見た目やファッション目的でダイエットしようと思うことが多いのですが、歳を取ると健康のために痩せなくてはいけなくなります。

そのようなこともあり、ダイエットに励む中年男性は多いです。おっさんのダイエットは女性のダイエットや20代の頃のダイエット方法にはない点で気をつけるべき点があります。

中年以降は基礎代謝がグンと落ちてくるばかりか、体を動かす機会も減ります。それなのに、飲み会や晩酌など食べたり飲んだりする機会が多くなります。

まずはこの飲み会や晩酌、体を動かすなどを見直すのがおっさんのダイエットの基本になります。

晩酌をしている場合などは曜日を決めて一週間の全体量を減らすか毎日晩酌しても少しずつ飲む量を減らして一週間の全体量を減らすなどをします。

もしくは晩酌のつまみを工夫をします。実はお酒で太るというよりも、一緒に食べるつまみが原因で太るということのほうが多かったりします。

次に飲み会などどうしても避けられない場合は、できるだけつまみは太りにくいものを選びましょう。オススメのつまみは冷ややっこ、枝豆、野菜スティックです。

また、体を動かす時も普段の生活で、できるだけ階段を使うなど工夫をして体を動かすように生活をしましょう。

ビール ダイエット

実はダイエットを行う際に、最も困ることはストレスがたまるというとことです。本当はもっと食べたいのに、本当は運動なんてしたくないのに、といった感情のままダイエットを続けると、ある時糸が切れたように諦めてしまうというのはよく見られる挫折のパターンです。

そのためおっさんのダイエットでもビールなどのお酒が好きな人が完全にビールを断つというのは逆にストレスをためてしまい返って太ったりします。

ビールダイエットというのは、名前だけ聞くとビールの効能を利用してやせる方法のようですが、実際はビールが好きな方は飲みまくりましょう、という普通のダイエットとは発想が全く異なるものです。

実はビールは便宜的なもので、お酒好きな人はお酒なら何だって構いと思います。何か好みの飲み物があるでしょう。

それをやめることなく、積極的に飲むことでストレスなしにやせましょう、というのが基本的な考えです。

一方で、ビールが太る原因とされているのは、栄養価の問題ではなく、食が進んでしまうことです。揚げ物と組み合わさるとすぐに太るのでそこは我慢して下さい。

また、水分ばかり一日中取るわけにもいきませんし、栄養価の面でも問題はあるでしょうから、朝昼は普通に食事をしてみるのがいいかと思います。

お酒 太る

よくお酒を飲むと太という話をよく聞きますが、これは間違いです。お酒単体では、そんなに太るといった事は無く、お酒と一緒に食べるおつまみが原因なのです。

あなたは居酒屋さんに行った時に、おつまみとか注文しますよね?なかなかお酒のみで居るのは難しいですよね?おつまみをつい食べてしまうと、それが原因で太ってしまうので、ダイエット中は居酒屋に行くのは避けたほうが無難です。

お酒単体では太らないとお伝えしましたが、日本酒とリキュール系は飲みぎると太ってしまうので、注意が必要です。日本酒は、原料がお米なので、ご飯を食べたのと同じ位のカロリーがありますし、リキュール系は、甘いので、飲みすぎると太ってしまいます。

反対にビールなどは、他のお酒と比べるとカロリーを抑える事が出来ます。またビールには便秘解消効果もあり、ぽっこりお腹のあなたには効果があるかもしれません。ダイエット中にどうしてもお酒を飲みたくなったら、ビールを飲むようにしましょう。

焼酎ダイエット

焼酎は太らないという話がありますがこれはある意味では本当です。焼酎のみを飲めば体脂肪になることはありません。

何故そうなるのか、簡単に説明すると、お酒を飲んで太るというのは主にお酒に含まれる糖質とタンパク質が原因なのです。

そして、焼酎は糖質もタンパク質も入っていません。アルコール自体にはカロリーがありますがこれは体脂肪にならないのです。

だから、焼酎のみを飲めば太らないでダイエットになるというのは正しいということになります。

理論的には、ダイエットに最適なお酒のように聞こえるのではないでしょうか。けれど、実際に太らないためには焼酎以外のものを避けなければなりません。

焼酎好きで他のお酒が嫌いな人というのはあまりいないと思います。ビールやワイン、カクテル類に一切目もくれないで飲み続けるというのは相当困難な話になります。

そして何より、おつまみも食べないで延々飲み続けられるかというところも問題です。

更に仮にできても、今度は栄養価が不足するという問題になります。焼酎ダイエットというのは焼酎を飲むとダイエットできるというものではなく、数あるお酒の中でも焼酎は太りにくいから他のお酒を飲むよりも太らないと考えたほうが良いと思います。

あたりめダイエット

おじさんのお酒のおつまみという印象のつよいあたりめですが、最近ではダイエット効果が期待できる食材として人気です。

噛むことで満腹感を得られるあたりめは、手軽に手頃な値段で手に入れることのできる食材です。ちょっと口寂しいときにカミカミするだけで、お腹が落ち着きます。

そんなあたりめダイエットには心がけたいいくつかのポイントが5つあります。それが、固めで乾燥しているあたりめを選ぶ、小さく切ってから食べ始める、しょうゆやマヨネーズなど調味料をつけて食べない、お茶やお水と一緒に食べる、あたりめだけの単品でダイエットを行わないです。

しょうゆやマヨネーズをつけてしまうと、カロリーが上がってしまってせっかくのダイエット効果が台無しです。あたりめのなかには味のついているものもありますが、そういった商品ではなく普通のあたりめを使用しましょう。

また、ビールやジュースと一緒に食べるのもNGです。あたりめダイエットは口さみしいときの対策くらいや一時的に体重を絞る手段くらいに考えて、栄養バランスのとれた食事で健康的なダイエットを行いましょう。

また、あたりめはおやつに選ぶだけでカロリーを抑えることができますのでダイエットにぴったりです。あたりめはよく噛んで食べなければいけませんが、食べれば食べるほどに味が出てきますしおいしいです。

あんな細いあたりめ、これをゆっくりと何度も何度も噛むだけで実は、脳が満腹感を感じますので、ガッツりお菓子を食べなくてもお腹がいっぱいになってダイエット中の辛い空腹感との戦いを解消してくれるのです。

このことからも、おやつにあたりめを食べてダイエットをするという方法もいいのですが、少量を食事の前に食べることで、あたりめだけで十分満腹感を感じますので、それから食べると食事の量が自然に減らせダイエットにつながります。

ですからこれまで食事制限をするのは辛くて長続きしなかったという人でも、あたりめを最初に食べておけば、自然に食事の量を減らすことができてダイエットにつながるのです。

あたりめのカロリーですが20グラムで60キロカロリーです。1回に20グラムも食べ切れませんので、かなりカロリーを抑えることができますから、これまでがっつりお菓子を食べていたという人はカロリーをかなり抑えることができるのです。

あたりめを口に入れるときはゆっくりと何度も何度も噛んで食べることが大事です。何度も何度もかんでいるうちにだんだん、あたりめのうまみが口いっぱいに広がってきます。

そして何度も何度もかんでいれば脳への刺激が伝わって自然に満腹中枢が刺激されますからあたりめを食べただけなのに、お腹がいっぱいだと感じてしまうでしょう。

あたりめダイエットは、食べすぎは塩分が強いですのでよくありませんが、お腹がすいたときや、食事の前にあたりめを食べていれば食事の量を無理なく減らすことができるダイエット方法になります。

利き手変更ダイエット法

ご飯を食べる時に、どちらの手で食べていますか?今回紹介するダイエットは、利き手と逆の手で食べる事により痩せれるダイエットです。

今まで色々なダイエットを行ってきたけど長く続かなかったという駄目駄目な方に是非お勧めです

このダイエットのメリットは、常に自分がダイエットを行っているという事を意識出来る事と、食事のペースを落とす事で、早食いを直すことが出来る効果があります。

利き手と逆の手で食べると、すごく食べずらいと思います。私も経験がありますが、すごく食べずらくて、食事をするのが嫌になった事があります。

このイライラ感を感じると、自分はダイエットを行っていると嫌でも実感できます。またダイエットを意識すると、自然と間食とかもなくなるという副作用的なものもあります。

ダイエットを意識する事で、自然と行動にも変化が現れます。おまけに肥満の原因にもなる、早食い対策にも良いので、どのダイエットも向かなかったあなたにはもってこいのダイエットだと思います。

ダイエットを成功させるには、常にダイエットをしているという事を意識する事が大事です。

タイトルとURLをコピーしました